FC2ブログ

26.タルパ様との日常~夜間に轟く大声~

| EDIT

金曜日。。。
それは、会議という名の無駄話をしていた時の事でした。




声「ウッグェグゴォア!」

ルナ「今の奇声は・・・!?」

チョ「あー、あれね。別に気にすることないよ」

ますたー「一瞬気になりますけど、もう慣れてしまいましたね」

ルナ「声の主は無事なのでしょうか?」

S様「恐る恐る覗いてみて下さい」

チョ「誰が?」
マスターしか居ないじゃん(汗



ますたー「中年の方が、自販機でコーヒー買っただけですよ」

チョ「オッサンの咳怖いな」
確かに心配になる。禁煙推奨。

ルナ「コーヒー……?何故こんな時間に」

ますたー「今飲むとは限りませんよ。冷蔵庫で保管して明日飲む場合もあるでしょうし」

チョ「久々の人間観察か。でももう居なくなったね」

ますたー「特徴はありましたね。缶コーヒーの底を確認しました。おそらく賞味期限を見ているのでしょう。また、自分の車を何度も確認しています。自販機立ち寄る為だけにエンジンは切りませんからね。とはいえマイカーが気になる模様」

ルナ「完璧主義ですか」

ますたー「完璧主義というより、心配症なのでしょう」

チョ「小銭沢山持ってそう」

ますたー「人間観察と分析はこれくらいにして、知恵をお貸し下さい」

チョ「お菓子下さい?」

ますたー「言ったけど言ってないよ(呆)」
Trick or Treat

ますたー「ボケと突っ込みは置いといて、ここ最近ダイブに失敗していまして、焦っています。ダイブ世界にすら入れなくて」

S様「向こうで甘えすぎたのが原因?」

チョ「多分だけど、ダイブに慣れたマスターは、手順をはしょり過ぎているんじゃないかと思う」

ますたー「ドンピシャな気がする。。。手順を改めて確認し、今度はもっと時間を掛けてやってみるとしますね」

ルナ「せっかちな一面もお持ちなのですね(含み笑い)」

チョ「んじゃ、マスターにブラックコーヒー飲ませて朝までしりとりするか」

ますたー「おことわりいたす」
ぼく、ミルクたっぷりのコーヒーしか飲めないの←(殴)

S様「台風来るからしりとりの時間は作れそうです」

ますたー「停電したら蝋燭の灯でしりとりしましょうかね」

チョ「そんな雰囲気じゃないのは確か」




最近、色んなものが日本列島を通過しています。1日1日を大切に生きたいと思います(’・ω・`)

スポンサーサイト



Category: タルパ日記

COMMENT

POST COMMENT


↑