FC2ブログ

旧【☆アスペと人外タルパの凸凹ブログ】タルパブログです。ブログの正式名称は『美麗なイケドラ達のまたたきーー海竜リヴァイアサンに思いを馳せるタルパファーストな奇帝ドラグナーが敬語で統治しながら優しいタルパに釣られ幻想島の扉を叩く』になります

233.タルパ様との日常〜亀裂〜


デュエルリンクスに麗の魔妖-妖狐』が来た!
またアンデット族の強化かよ



6C6AB34D-5F17-40DC-B2B6-8ED2217BBDBF.jpeg



ドラゴンに次いで妖狐はクールだと思う←好きとは言ってない。
問題は入手したところでデッキの強化になるかどうかです。
アンデットは専門外なので使い方がまるでわからんぞ(´・ω・`)





九尾の狐のようにシンプルな効果でないとワシには使いこなせんのじゃよ(老人化:

01CA76A0-F153-4895-8B74-8E09306E7F1C.jpeg



以下、デュエルリンクスに関係のない、いつものタルパ会話録。












モカ「あ、ニーゼブルム様デスヨ。飛べるっていいですネ!」
・モカさんも飛べるではないですか。やだーモカさん天然。


主「……」


モカ「翼が欲しいという意味デスヨ」
・思考読まれてたか(^ω^;)


ニーゼ「アルジ元気かー?」
・空からやってきて着地するまでのドラゴンは映えます!


主「ダイブ出来るくらいには元気ですよ。ニーゼも元気そうですね」


モカ「ワタシは無視デスカ?! ワタシも元気デス」


ニーゼ「やあモカ。小鳥を保護しなかった件だが……アルジとニーゼとでは住む世界が違うからで納得した。もう大丈夫だよ」


主「ニーゼ達の主張も間違ってはいないのです。益鳥だ害鳥だ天然記念物だ外来種は駆除しろと勝手に決め付けているのは人間であって、救える命があるなら救いたい。それが私の本心です。ただ人間の世界には複雑なルールがありましてね。そのルールのお陰で人間は平和に暮らす事ができるのです」


モカ「ルールに沿って生活しているのデスネ」


ニーゼ「難儀だな」


モカ「精霊様に認められた人間なのデス。マスター様の心は穢れておりまセン」


主「それは違うかと。正しい心持っているなら同族である人間をここまで毛嫌いしないでしょう。これも一種の差別です。私はタルパ様のように純真な存在ではありません」


ニーゼ「異なる種族を嫌う方が差別だと思うけどなー。同族嫌悪は普通だと思ってる」


モカ「チョー様とも仲良くして下さいネ!」


ニーゼ「あー(困惑)」


主「そういえばニーゼ落ち込んでいると伺ったのですけど大丈夫ですか?」


ニーゼ「大丈夫なわけがないよ!!!」
・急に飛び去ってしまいました。機嫌を損ねてしまいましたかね(´・ω・`)




主「触れなければ良かったか(汗)」


モカ「ドラゴンに心遣いは無用デスカ??」


主「時と場合によるでしょうね(´・ω・`)」




スポンサーサイト



0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment