FC2ブログ

225.タルパ様との日常〜ゼクさんやっぱりいい人(竜)

| EDIT

昨夜はダイブ後に倦怠感と気持ち悪さに襲われて
一瞬ノロかを疑いました(汗)
※ノロなら吐き気や悪寒、下痢の症状もあるはず。

翌日にはスッカリ元気になりました。
ダイブのやり過ぎですかね? 私のダイブ法は負担が大きいのかもしれません。










起床。


ゼクライオス「チッ! 生き返ったか」
・目覚めの第一声がアンチの心の声(真顔)


主「おはようございます」


ゼクライオス「おはよう」


主「またタルパに心配かけてしまいましたかね?」


ゼクライオス「お見舞い嫌いだから行くなってうるせーなアイツらはよー。俺はキサマのお見舞いに来たわけじゃねーから勘違いするな」


主「承知しております(真顔)」


主「でも一晩眠ればスッキリしましたね。私もまだ若い!」


ゼクライオス「そうだな」


主「……ゼクさん何だか疲れてます?」
・毒舌はどうした!


ゼクライオス「あ? 疲れてねーよ」


主「空腹ですかね?」


ゼクライオス「それはキサマの方だろ」


主「ノロでは無さそうです。ご安心下さいね。ただ若干寒いかも(^ω^;)」


ゼクライオス「布団が綺麗に敷かれていなかったからだろう。キサマのマヌケ具合には辟易して来たぞ」


主「ゼクさん優しいですね。そのお気持ちだけで十分嬉しいです。ありがとうございます」




ゼクライオス「……」
・無反応( ˙~˙ )




主「言っちゃいけないようなこと言いましたっけ?(゚Д゚)」



私には『寒そうだったから布団かけてあげようとしたら、物質界に干渉出来ずもどかしい思いをした』
と解釈しましたが流石に妄想が過ぎますかね?

スポンサーサイト



Category: 未分類

COMMENT

POST COMMENT


↑