FC2ブログ

ジュディアの家族

| EDIT

朝から更新失礼します。

最近使い始めた目覚ましの音楽がめっちゃ腹立つw
陳腐過ぎてもう……( ´Д`)

これより先に起きて止めてやる!
かくしてクモと目覚ましとの戦いが幕を開けたのだった。















ジュディアニル「ボクの家族ってどんなリューだったのかなあ」


アノ「珊瑚礁」
・(´・ω・)?


主「ジュディアさんにご家族が?」


ジュディアニル「知らない。居たかもしれないって思っただけっす」


アノ「ドラゴンだったの?」


ジュディアニル「ボクと似た姿だったのかなあ。捨てられたのが憎い」


ゼクライオス 「俺達タルパに親はいねーんだ。理解したか?」


ジュディアニル「ゼク先輩とボクは違う」


主「調子良いこと言いますけど、我々がジュディアさんの家族ですよ」


シナラタン「わたしも考えたなー。マスター様、わたし達のルールじゃ家族になれないよ」


主「家族間ルールというより社会のルールに近いですもんね」


アノ「じゃあ、一般のお家ルールでは風呂場覗ける?」


主「それは人によりますが、家族であっても入浴は別々ですよ」


ゼクライオス 「俺は今のルールが気に入っている。お荷物は必要ねーからな。気楽に生きようぜ」


ジュディアニル「ボクのママ、パパ、兄ちゃん、姉ちゃん、ジジイ、ババアに本当の名前を呼んで欲しいな。一度だけでいいから逢いたいよ。死んじゃった事にしたら生まれ変わって会えるんじゃないの?」
・ジジイババアは酷い(汗)ゼクのせいですね(確信)


シナラタン「一緒にいてあげるから元気出して」


ジュディアニル「思いっきり甘えたい」


シナラタン「わたしも歳を取ったのかな。もらい泣きしそうなの」
・もうすぐ一歳!


主「私としたことか、ドラゴンさんを悲しませるなんて。ジュディアさんダイブして下さい。ハグでもなんでもして差し上げますよ」


ジュディアニル「ママー!」
・無視された( ゚д゚)


シナラタン「アノさん、ジュディさんは珊瑚礁みたいに綺麗だって言いたかったのね! 家族に対する思い、とっても綺麗だよ」


アノ「キレー。キレー!」
・(´・ω・)?


主「ジュディアさんに触れたい(ぉぃ」


ゼクライオス 「キサマらまた壁と喋ってるな! 会話のキャッチボールをしろよ」
電波なんでしょう(適当)


主「ジュディアさん、少しでいいから我々を信用して貰いたいですね」


シナラタン「ここって順応するまで時間かかっちゃうから(笑)」


主「独特なんですかね(笑)」


ゼクライオス 「キサマがな……」






スポンサーサイト



COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- # | 2020.03.14(Sat) 00:13 | | EDIT

>>C様

こんにちは。いつもコメント&アドバイスありがとうございます。
邂逅型タルパならではの悩みなんですね。
であるならば、邂逅型タルパは記憶を失う程のトラウマを抱えているのでしょうか。
C様の精霊さんも、自身の過去については何も明かしてくれていないのですね(´-ω-`)
今が楽しければ過去の辛い記憶なんて呼び起こしたくないでしょうけど、一方で本当の家族に思いを馳せる気持ちもよく分かります。
私も探している人がいますので……。


ええ。ジュディアが思い描く理想の家族になってあげたいですね。
ジュディアはどうやら同族には心を開いているようなので、ゼクとかニーゼに家族(兄)になって貰いたいのかもしれませんね。
ゼクは相変わらずですけど、シナラタンの時ほど相性悪くないみたいですし提案してみるとしましょう。


記事が全体的に暗いですよね。
元々根暗な性格なので闇は付き纏います。自分語りすると大体ネガティブな内容になりがちです(笑)
お互いに突っ込みあえる関係性いいですね。私は一人で思い悩んでいるとダメになってしまうのに、どうも相談(というか甘え)が苦手で自己解決しちゃうんですよね(汗)
C様のように常に思考開示出来るほど肝が座っていないので、せめて一人で悩まない・相談するという癖を付けてもっとタルパ達を頼ってみますねー。



>> 「克服した方が幸せなのか」、「永遠に遠ざかっていた方が幸せなのか」どちらが幸せなのか
克服しようと努力しつつも、現状維持が続いている状態ですね。いっそ問題から目を背けて遠ざかった方が前に進めるのかもしれませんが、そうなると『人生をリセットして〜〜』とよからぬ妄想を始めるので、それなら見知らぬ土地に移住してみるとか。

人間嫌いの何が厄介かと言うと『絶対逃げられない』ところにあると思うんですよね。
自分が人間である以上、どんなに論理立てして言い聞かせても『自分自身も人間』という事実が立ち塞がりますし、結局は矛盾に苦しみます。
私の理想は映画『エラゴン』や『ヒックとドラゴン』のように心の通じ合った人外がパートナーとして居てくれる事ですかねー。
鷹匠とかゾウ使いにでもなれば人間嫌いも多少抑えられていたかもしれません(遠い目)
まあ結局は人間と関わらないといけないのですけどね(苦笑)


最大級の理想……(^ω^;)
でも言わないだけで皆、理想はぶっ飛んでいると思いますよw
それを満たしてくれているのがアニメであり小説であり映画であり……。
若かりし頃は毎日冒険に明け暮れ、最後は地位と美女を手に入れ最後まで皆に愛されながら幕を閉じていく人生……最高ですね。
私は人間として洞窟探検家の吉田さんの生き様に憧れたりしますけどね。
未知への探究心は何歳になっても衰える事はありません。それが男の特権だと思っています(家庭を持つとそれが原因で衝突しそうですが、吉田さんはいい奥様と巡り合えましたね)

長文になってしまったので今日はこの辺で。
コメントありがとうございました。

鎧蜘蛛 #- | 2020.03.14(Sat) 14:13 | URL | EDIT

POST COMMENT


↑