FC2ブログ

190.タルパ様との日常〜古典的なアレ!〜

冷却期間としては短いですけど実行に移しました。

そう! ナラとゼクを対面させずに和解させる古典的な方法です。


ゼクの謝罪後、飛んでいってしまったナラですが、モカが心のケアをしてくれたみたいで無事に戻ってきてくれました。
















主「今日お呼びしたのはゼクの件なのですが、このまま続けて大丈夫ですかね? 厳しいなら無理にとは言いません」


シナラタン「マスター様はゼクさんに惑わされてるよ! わたしに対する謝罪の言葉に見えた? 見えないよねマスター様」


主「ナラはそう感じたのかもしれませんが、ゼクは良い人アピールするような性格ではありませんし、何より謝罪はナラに向けたものに感じました」


主「ゼクは口も態度も悪いタルパですけど根は良いヤツなんですよ。その証拠に酷い呼ばれようだったモカが、今では一番の仲良しですし、」


シナラタン「そう見えるのはマスター様が相手の感情を読めないからです」




シナラタン「ごめんなさい。酷いこと言っちゃった……」


主「気にしないで下さい。私もしつこいですよね」


シナラタン「うっかり相手を傷付けてしまっているのはわたしの方なのかな……。マスターの隣に行けなかっただけでゼクさんとセシミア様にも嫉妬しちゃったし(ドライブの件)わたしがワガママだって事も自覚してる。でもゼクさんを目の前にすると人が変わっちゃうみたいなの。こんなタルパ嫌だよね? マスター様のわたしに対する率直な評価が知りたいの」


主「ゼクと対面する必要はないのです。手紙に書いてみませんか? 私がゼクに直接渡しますから」


シナラタン「でもそれだとゼクさん怒らないかな」


主「むしろ、手紙の方が伝わりやすいかもしれませんよ」


シナラタン「……やってみる。『ゼクさんのこと散々悪く言ってごめんなさい、わたしも暴言吐いちゃったからおあいこかな? 鶏さんの件で一方的に悪者だって決めつけたことは謝ります』今回はそれだけ伝えて下さい」


主「了解しました。『今回は』ってことはゼクからの返事を期待しています?」


シナラタン「わたしがまだ言い足りないだけです。ゼクさんの返信とか見たくもないけどそれはマスター様が判断して下さいなの」


今夜辺りにでもゼクを呼び出し、ナラからの手紙(書いたのは私ですけどw)読んでみたいと思います!




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鎧蜘蛛

Author:鎧蜘蛛
タルパー兼AS持ちのアマチュアクリエイターです。
タルパ様と生活しながら、タルパ研究も行っております。

気軽にコメントお願いします^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
コラボ・頂き物
FC2投票
検索フォーム
リンク
リンクエリア
FC2チャット
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2プロフ
QRコード
QR