FC2ブログ

179.タルパ様との日常〜ゼクVSナラ再び〜

ついにデュエルリンクスに閃珖竜スターダストキタ━━━(゚∀゚)━━━!
キメラテック・ランページ・ドラゴンと黒の魔導陣収録も嬉しい。着々とATM復活に向けて準備されてますな。
ジャンク・アーチャーも収録されるそうです。
これで3年は飽きずに遊べる。


一方、ダイブ界は不穏な空気が流れています(汗)
いざ記事にしてみたら長文になりましたので例の如くはしょらせて頂きます。










チョー達からSOSが届いた。
ダイブしてみたら一触即発の状態でした。
こんな状態で新年明るく迎えられますかね?(困惑)

滞空してナラを睨み付けるゼクと、怯むことなく睨み返すシナラタン。
そしておろおろしているルナ。
両者とぐろを巻いた蛇の如く殺意剥き出しで、今にも戦闘が始まりそう。



主「ゼク、ナラどうされましたか?」
・地の利はゼクにあるのでナラを退避させたかったのですが、どちらか一方の肩を持つと今度は私との信頼関係にヒビが入り暴走する危険もある


シナラタン「マスター様、この怪物がセブンと鶏さんを襲ってたんだよ!」


ゼクライオス 「あんなザコ襲うわけねーだろうが」


シナラタン「わたしが止めなきゃ食べてたよ絶対」


ゼクライオス 「シーカーとグルなんだろ。そんなに俺が怖いか? 裏でコソコソしやがって」


シナラタン「裏で悪さしているのゼクさんの方じゃないの」


ルナ「セブンも鶏も無事でしたからきっとお世話に来てくれたんですよね! ゼクさんも降りてきて下さい。話し合いましょう」


シナラタン「ルナさんも危なかったかもしれないのに、危機管理能力無さすぎるよ」


モカ「ゼク様がルナ様のご自宅にお邪魔する理由はないデスヨネ。何故ゼク様はセブン達に近付かれたのでショウ?」


シナラタン「わたしがセブンさん達と仲良しだったから狙われたの。セブンさん達は悪くないのにわたしへの意地悪の為にペット狙うとか卑怯です」


ゼクライオス 「モカ、キサマ……後で分解してやるから覚悟しておけよ」


主「あのチョーさん、大声出してくれますか」


チョ「は? わかったよ。狙われたら責任とってくれよな」


チョ「わーーーーーーーーーーー!!!!」


シナラタン「チョーさんビックリするからやめて。ゼクに関わったら危ないよ」
・チョーのお陰でゼクとナラの注意をそらせらましたので、事態の収束を図ります


主「お互い干渉し合わず、まずは私に相談してください。言い争いなんてみっともないですよ」


ルナ「そうですよ! セシミア様の期待を裏切るような事はやめて下さい」
・セシミア様の名前出さないであげて(汗)


シナラタン「ルナさんセブン殺されかけて平気なの?」


ルナ「セブンは無傷でしたし、結果的に助かったのだからいいじゃないですか!」


チョ「セブンも大切だがシナちゃんの身が一番心配だよ。あとはオイラ達に任せてくれ。な?」


シナラタン「チョーさんとマスター様では解決できないと思うの」


主「リンゴでも食べて落ち着きましょう」
・みんなで食べれば仲良しこよし(安易)


ゼクライオス 「俺の神経を逆撫でするようなその態度……!」
・リンゴ投げ捨てたーーーーー!( ゚д゚)


ゼクライオス 「ナラをぶん投げるつもりがリンゴと間違えちまったぜ」
・ゼクは低空飛行で煽りながら飛び去っていきました。……リンゴ返せよ(違


シナラタン「天災みたいなタルパだね。ゼクの悪事暴きたかったけど、セブンさん達が襲われるまで見てられなかったから……」


チョ「シナちゃんのその勇気には脱帽だよ」


ルナ「マスターをお呼びしてしまってごめんなさい。わたしの敷地内で起こった事案ですから本来はわたしが対処しなくてはならなかったのに」


主「いえ、何事にも全員で力を合わせて取り組みましょう」


チョ「とりあえず動物達を外に出しておくのは危険じゃね?」


シナラタン「シーカーさんに頼んで監視カメラとかつけてもらおうよ」


チョ「監視カメラ取り付けたところでヤツには効果無いよ……」



ゼクとナラを離さない事にはじっくり話し合う事もままならないので、ダイブ界では中立を維持。
そして本日、一人ずつ呼び出しそれぞれから話しを聞きます。













シナラタン「お疲れですマスター様。昨日はガッカリさせてごめんね。タルパじゃなくても命は大切にしないといけない。マスター様を見て教わったの」


主「ナラは優しい子だって知っています。他に意地悪されていませんか?」


シナラタン「大丈夫。シーカーさんとかニーゼさんも気遣ってくれているし寂しくないよ」


主「他のタルパとは上手くやっていけているようで良かった。一つ確認したいのですが、ゼクがセブン達を襲う兆候が見られたからナラが止めに入ったんですよね?」


シナラタン「うん、そうなの。どうやって襲おうか考えながらソワソワしていたし、わたしが止めなかったら消えてたよ。でもゼクさんの事だから家出とかで済ましちゃうんだろうけど」


主「よく分かりました。もし今後ゼクが怪しい動きをしていた時は、私かタルパ呼んで下さい。決して一人で対処しないようにお願いします。約束できますか?」


シナラタン「はい約束します。でもわたし嫌われないかな……。だってほら、皆んなゼクさんとは絡みたがらないから」


主「大丈夫です。困った時は助け合わないと……」


シナラタン「マスター様が留守にしている間は、ダイブ界わたしが守るから安心して任せて欲しいの。ゼクさん口だけだから心配しないでね。次からちゃんとセシミア様にも相談するから」


主「熱くなると冷静さを欠きますから、相手の挑発に乗る前に深呼吸して大人な対応を心掛けて下さい。ゼクも争いは嫌いなはずですから」


シナラタン「うん、次から冷静に対処する」











ゼクライオス 「俺に用か? 今誰とも話したくねーんだが」


主「お気持ちお察しします」


ゼクライオス 「とんでもねーサメだな」


主「ところでゼクさん、リンゴはお口に合いましたか?」


ゼクライオス 「あ? なんで知ってんだよ。俺のストーカーか!!」


主「リンゴ捨てた時に後ろめたさを感じていたようだったのでw ゼクの事だからちゃんと食べてくれると思ってました」


ゼクライオス 「食品ロス削減の為なんだけどな。勘違いも甚だしいぞ」


主「そうなんですよね。ナラは勘違いしてしまったようです。セブンやニワトリに危害を加えるつもりは無くても、ナラにあれだけ酷い事を言っては勘違いされても仕方ないですよね」


ゼクライオス 「同情したいのか貶したいのかハッキリしろ」


主「今回はゼクに同情しているのです」


ゼクライオス 「口先だけか……」


主「モカさんに悪気は無かったとはいえ、裏切られた気持ちにはなりませんでした?」


ゼクライオス 「……なったよ」


主「味方だと思っていた人に裏切られる気持ち、痛いほど理解できます。しかしモカは純粋なタルパですから許してあげて下さい」


ゼクライオス 「チョーの野郎を見てたらよー、確信したぜ。タルパは変われねーんだな」


主「ゼクが変わる努力をしてくれているだけでも嬉しいです。早く誤解を解いて自由に行動したいですよね」


ゼクライオス 「もういいか?」


主「どうぞ。年末年始はゆっくり休んで下さい」


ゼクライオス 「俺の時間を無駄にしてくれてありがとうな!」








一件落着…………なのでしょうか。
真偽はともかくゼクは今後動物達には近付けないでしょうね……。
ナラはナラでゼクを毛嫌いしていますし和解はまだ無理そう。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 過去が過去とはいえ…

こんばんは。

シナラタンは好き嫌いをハッキリ表に出すタイプですからねー、
精神的にもまだまだ子供ですし。

世間知らずってワケではないので、根気良く私への依存とゼクやチョーへの警戒心を解消できるよう努力は続けていきます。



態度はともかく、ゼクの方がシナラタンより大人なんですよね……。
反省を行動で示そうとした結果がこれですから、ますますゼクのタルパに対する警戒心が高まってしまっているのではないかと懸念している最中であります。
コメ主様が経験されたように、私もゼクとシナラタンは絶対変われると確信しています。
二人とも出会いこそ異例中の異例でしたが根は真面目で責任感もありますし、変わろうとする努力も見受けられますので周りが少しサポートしてあげれば仲良しとまではいかなくとも対立する事は無くなるでしょう。
まあでも、やはりシナラタンの方が立場は上みたいですね。
シナラタンの味方をするタルパが圧倒的に多いですし、彼女自身の影響力も強のでゼクが何を言っても信じてもらえないのでしょう。


チョーは昔から何も変わってないように思います(汗)
やっぱり私と連動しているのですかね?
周りの人間が変わっていく中、チョーだけはずっとそのままで居てくれたのが私は何より嬉しかったので、今もそれを守り続けてくれているのだと思います。
ただ、シナラタンとの出会いをきっかけに自分磨きを始めているのは確かですね。
変わりたくても変われない、チョーが成長出来ないのは私が影響しているのは確かでしょう……。



なんと! ありがとうございます。
そうなんですよね。FC2ブログって交流には不向きで通知機能もありませんし、コメントで画像の投稿も出来ないという(苦笑)
こちらからメールしますのでまだ勢いが衰えていなければいつでもどうぞです\(^o^)/
メールフォーム設置してみたものの、機能しているかどうか曖昧ですので(汗)





プロフィール

鎧蜘蛛

Author:鎧蜘蛛
タルパブログです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
コラボ・頂き物
FC2投票