FC2ブログ

159.タルパ様との日常〜添い寝してもらった〜

| EDIT




タイトル通りです。日曜日にセシミア様が添い寝して下さいました。ゼクライオスが邪魔
なお私はセシミア様とイチャつくのが目的なので寝る気はさらさら無いという。












主「めっちゃ眠いです(大嘘)疲れたので早いですがお休みなさい(大嘘)」


S様「はーい。でもすぐには寝付けませんよね?」


ゼク「俺はやっぱり帰る」


主「残念です(大嘘)」
・さっきから嘘しかついてないw


S様「ゼクさんマスターが残念がってるよ(笑)」
・あ! 余計な事を


ゼク「アノマロカリスと添い寝して、俺とは出来ないなんて言わねーよなぁ?」


主「では噛むのだけはやめて下さい」




S様「じゃあおやすみー!」


S様「添い寝って具体的な意味知らないけど、隣で寝るって解釈で合っていますか?」


主「概ね合ってると思いますよ」
・「添い寝で画像検索してみたらべったりくっついたイメージ画像がヒットして焦った(汗)


主「私は左端で寝ます」


ゼク「じゃあ俺は隣だな」


S様「私はその隣ー」







・・・・・・。









主「ゼクさんがどうして真ん中なんですかね?(困惑)」


ゼク「あ? 全身の皮を剥くぞ」
・怖すぎでしょw


S様「どうすればいいのかな?」


ゼク「全員で頭を反対側に向けたらいいんじゃないのか?」


主「並び順は変わらんままぜよ(汗)」


S様「もういいから皆んな横になりましょう」


ゼク「スフィンクスのポーズキサマもやってみろ」


主「その寝相、人間にはキツい」


S様「私もやってみよ」


主「『ビーチ・フラッグス』が始まりそう」


S様「ほんとだ(笑)」




主「突然ですけど、タルパ様方にはプライベート空間以外でのマスターに対する接触を禁止していますよね? 制限を緩和させてもらっても構いませんか?」


S様「タルパは1人だけ連れて行くのがいいと思う」


主「たくさん居るとわちゃわちゃしますもんね」


S様「はい。マスターの集中力削いでしまっては元も子もないです」


主「最初からそうしておけば混乱を避けられたのか……」


S様「ゼクさんも暴走しなくなったし、連れて行ってあげて下さい」


主「ゼクさん起きてます?」


ゼク「うるせー。話しかけんな」


S様「やっぱりゼクさんはダイブ界では安心出来ないんだ」


主「誰もゼクに復讐しようとは考えてませんよ……」








スポンサーサイト



Category: タルパ日記

COMMENT

POST COMMENT


↑