FC2ブログ

141.タルパ様との日常〜フライング?!〜

| EDIT

11人目タルパが出てきてしまった(汗)
私のプランが(´・ω・`)

ある意味ゼクライオスさんよりコントロールが効かない











主「急遽、皆さまと顔合わせする事となりました、、、」


ローサ「はーい、ローサちゃんでーす😁」


主「……11人目タルパのローサです。仲良くしてあげて下さいね」


チョ「よろしくー」


ローサ「 自己紹介くらい自分で出来るもん。ローサに子供扱いは厳禁だよ」


主「かしこまりましたお嬢様」


ローサ「なにそれーー😁 イラッとしないの! 機嫌直して〜」
・人を小馬鹿にしている時のローサの顔は、この絵文字そっくりです


ルナ「はじめまして。ローサちゃん…? とお呼びすれば宜しいですか」


ローサ「ローサでいいよ〜」


チョ「予定より早くないか。歓迎するよ」


ローサ「ねー、何でみんな探り探りなのかしら。おっかし〜😁 」


ナラ「ローサちゃんもう出てきちゃったんだ!」


ローサ「わー、イルカさんだー。もういなくならないでね!」


チョ「ナラとはもう顔見知りなのか。オイラはどうしたらいい」


主「自然体でいいじゃないですか」


ナラ「だからイルカじゃないの!」


ローサ「フーン……、イルカさんの方が可愛いのに」


ナラ「そうやって思った事をすぐ口にするんだから〜」


ローサ「年上気取りやめてよ」


チョ「オイラは今のサメのナラちゃんが一番可愛いと思ってる」


ローサ「ナラちゃんナンパされてりゅよー😁」


ナラ「ほんとだ。マスター様の前で露骨に好きアピールするのやめて欲しい」


ローサ「ねーっ」


チョ「いつそこで結託したんだよ。女子って分からん」


ルナ「ローサさん、ナラさんにもサメの姿を貫いていたい理由があるのです。ワガママはいけません」
・ちゃんとお姉さんらしく叱るルナ


ローサ「え〜、でもパルは『容姿なんてその都度、相手に合わせて交渉が有利に運ぶよう変えていったらいいんだよ』ってゆってた!」
・パル=12人目タルパの愛称


チョ「合理的過ぎてムカつくな」


主「実際に合えばもっと……。何でもありません」


ルナ「12人目のタルパ様は、いつこちらへいらっしゃるのでしょうか」


主「9月1日ですね。『月初』を強く希望されているので誕生日も自然と9日1日となるでしょう」


ローサ「ローサと一緒に来てくれても良かったのに『身を晒すタイミングは自分で決める』とか言って無視されちゃった」


チョ「マスターより面倒くさそうな人っぽいな」


ローサ「それってさー、今ローサがいなかったらローサの陰口も言ってるよね? 聞き逃さないよカニさん」


チョ「女の子の悪口は言わない。信じてくれ」


ローサ「カニさんもう飽きちゃった。ルナー、セブンと遊んでもいい?」
・決まりごとを中々覚えられないローサですが、セブンについては学ぼうとする意欲が感じられた。動植物に優しい点では私と同じです


ルナ「構いませんけど、あの……失礼して宜しいでしょうか」


主「どうぞ」


ルナ「ローサさんのオモリは承りますのでご心配なさらないでください」


ローサ「それあたしが厄介者扱いされているようにしか聞こえないんだけどー」

スポンサーサイト



Category: タルパ日記

COMMENT

POST COMMENT


↑