FC2ブログ

128.タルパ様との日常〜チョー文です〜

| EDIT

7月最後の更新になります。

8月は例年通り更新が少なくなるかもしれませんが、時々ブログに遊びに来て頂けると幸いです。










アノ「キングを連れてきた気がする」


主「チョーさんシナラタンの件ですが、シナラタンに強いショックを与えてしまったかもしれません。私のミスです」
・シナラタンは(私含め)まだ誰とも口を聞いていないようです…。


チョ「誰も悪くないだろ。オイラがシナラタンに嫌われマスターが好かれた、それだけのこと。しかしこんなヤツのどこがいいんだか」


主「それ。私はただの頑固なKY人間なのに」


チョ「鈍ったな。そこは『こんなカニのどこがいいんだか』って言ってくれないとオイラの一方的な暴言になってしまうだろ」


主「冗談を言う余裕が無かったもので」


アノ「じゃあミーが代行する。こんなカニのどこがいいんだ、こんなカニのどこがいいんだ」


チョ「倍返しされたw」


チョ「で、セシミンはデート後シナラタンが満足そうにしていたって話してたんだってな?」


主「はい。でもそれは命の恩人に心配かけまいと気丈に振る舞っていただけかと」


チョ「まあいいや。シナラタンもマスターに諦めがつけばオイラの元へと来るだろ」


アノ「キングはどうしてマスタと喧嘩したのか」


チョ「マスターとは好みもタイプも違うから恋愛関係で対立するなんて絶対ありえないだろって正直安心してたな。でもこれが三角関係の恐ろしさよ。勉強になったぜ」


主「三角関係の割には随分ラフに会話していますね(苦笑)」


チョ「シナラタンはマスターのストライクゾーンから外れているだろ? すぐ別れると思っていたから焦りというものがね」


アノ「シナラタンはマスターを困らせたくない気がする。マスターが好きだってずっとツイートしていたし(ツイートはしていません!)今みんなを無視無視している理由はミーでもお手上げ。マスターとキングの仲を引き裂いてシナラタンを黒くするメリットをググってみたら(考えてみたら)喜びそうなのはゼクライオスだけになるかもしれない。だからゼクライオスを早急に尋問する時代に迫られている気がする!」


主「脳内変換が大変。でもゼクが関わっているとは思えませんけどね」


アノ「その根拠は」」


主「彼は暴言こそ吐きますが行動に移せるほど非道ではありませんしセシミア様に弟子入りして常識も身につき始めていますからね」
・本当はタルパーである私が教育しないといけないんですが(汗)


アノ「終点」


主「終点??」


チョ「ゼクはオイラも苦手だがシナラタンも未だ正体が分かってないからなあ」


主「アノ、シナラタンを透視した経験ありますか」


アノ「それはする事が困難。マスターとキングくらい信頼関係がないとドッキングできない気がする」


チョ「ドッキングとか嫌な言い回しだな」


主「全部メモするのでシナラタンについて様子がおかしいなと感じた点など思い出した時は私に教えて下さい。どうも私に執着するワケがありそうなので」


アノ「前のマスターから愛情を貰えなかったとか?」


チョ「それは悲しいよなあ」




Nb「脳みそ蟹味噌で腐り気味の海産物がアルジと和解してオヤツ貰おうしている。オマエってヤツは食い意地張ってるなー」


チョ「うるせーー。あっち言ってろチャットバカ」
・またかorz


主「そうだ、ニーゼの方が行動範囲内も広いしモブ住人に顔も利きますよね。喧嘩は後にして、ダイブ界で変わった事などありませんか? シナラタンの変わった行動とか何でも良いので思い出せる範囲でも」


チョ「コイツ能天気だから何にも覚えてないだろ。頭の中スッカラカンのカラカラ蛇」


Nb「最近だったらある。ビィがルナと一緒に卵を引きずって歩いていたよ。シーカーも追ってた」
・ゴーレムの散歩かな?


主「二足歩行コンビはオカルトに夢中みたいですね。どうもありがとう」


アノ「有益な情報じゃない気がする! ミー達が知りたいのはシナラタンの正体だから」


Nb「シナラタンの正体? サメタルパだな」


チョ「使えねぇ……」
・心の声が漏れてますよチョーさん


Nb「オマエと話していると自分がおかしくなりそうだから帰る。アルジまたなー」


主「ご協力どうもありがとうニーゼ」


チョ「振った張本人がシナラタン問題を解決するしかないみたいだ」


主「あれは振った…という事になるのですかね」


チョ「冷やかしデートからのもう会いません発言は人としてない。どうしてそう相手の気持ちを踏み躙れるのかオイラには理解できないぜ」


主「私にだって彼女を選ぶ権利がありますからね。お互い気持ちよく過ごせないと思いお付き合いをお断りしたまでです」


チョ「あれだけ好きアピールされれば好きになると思うがなあ普通」


主「シナラタンのことは大好きでも恋愛相手としては見れなかった、それだけの事です」


チョ「超絶美女モデルが目の前に現れて誘われても断るかね?うん?」
・なんだそのドッキリ企画みたいなのは…(汗)


主「パパラッチが居るだろうから全速力で逃げる!!」


チョ「いや、リアルに考え過ぎ。パパラッチ抜きで、さあどうする?」


主「『暑い中撮影大変ですね。お疲れ様です』かな」


チョ「『プライベートなんです』さあどうする?」
・面倒くさい蟹だ…(ぇ


主「『美味しいものでも食べて行くといいですよ。オススメは○○です』以上」


チョ「はい負けました。興味ないならいいや。シナラタンがオイラを好きになってくれるよう協力してくれよ」


主「ヤラセはお断りしますが、チョーさんの魅力を伝える仕事なら喜んで。好感度上げましょう」


チョ「そうこなくっちゃな。つーかオイラそんな好感度低かったのか」


主「私の次くらいには」


チョ「だったらお互いフォローし合って好感度上げようではないか」


アノ「キングは特定の女の子と付き合わない方がいい気がする!」


チョ「誰がプレイボーイじゃ!」
・言ってないw


主「シナラタンは一途な方ですからチョーさんみたいに気の多い男性とは上手くいかないかも」


チョ「それは言えてるな」
・否定しないんかい


チョ「シナラタンは可愛いが大人の魅力に欠けるからな。そこだけ」


ビィ「そこ二人でおバカな会話してないでゴーレム作り手伝ってくれない?」


チョ「ゴーレムいらないって言っただろ」


主「私も同意見です」


チョ「絶対まずいことになるって! オカルトも大概にしてくれよ(困惑)」


主「ビィさんがゴーレムを使役している姿を想像していたら憂鬱になってまいりました」


チョ「シナラタンが落ち込んでいる時によく泥遊びできるよな」


ビィ「ちょっとくらい関心持ってよ。だからアンタらモテないのよ」


チョ「刺さるなそれ。オカルト女子こそモテないって」


ビィ「オカルトじゃないわ。男共が大好きなロマンってやつなのよ。ほらロマンロマンっていつもうるさいじゃない」


主「ロマンというのは戦艦大和などを指すものであって、そんな陰気臭いオカルトをロマンとは呼びません」


チョ「戦艦大和がロマンだというのはわかんねーけど、ゴーレムはな、ビィの為にも手を出さない方がいいと思うよ」
・大和にロマンを感じない…だと? マジか…


ビィ「いいわ、一人でも研究は続けるから」
・一人ってルナとシーカーさんも一緒だったのでは。



……あ(察し)





スポンサーサイト



Category: タルパ日記

COMMENT

>>チョ「戦艦大和がロマンだというのはわかんねーけど、ゴーレムはな、ビィの為にも手を出さない方がいいと思うよ」
>>・大和にロマンを感じない…だと? マジか…


 鎧蜘蛛さんと同じことを思いました(小声)
 チョーさんは大和にロマンを感じる軍艦派ではなくタイタニックとかにロマンを感じる客船派なんですかね?( ・`д・´)←船の種類の問題じゃない汗

 あと、新しいほうの記事もいくつか併せて読みましたが、ビィさんが日に日にオカルト好きとしてレベルアップしている気が((←

赤崎 #cTgpplvE | 2019.08.05(Mon) 21:27 | URL | EDIT

>>赤崎 様

『沈みゆく運命の船』の方がチョーさん好きそう。そんなロマンチストでもない
私とシーカーさんがミリオタなのでうんざりしているだけかもしれないですね(笑)


他の記事にも目を通して頂きありがとうございます。
ビィさんのオカルト好きには困ったものです。『ぬ〜べ〜』でも読んで満足してりゃいいのに(真顔)
私はゴルゴ13派

鎧蜘蛛 #- | 2019.08.06(Tue) 02:53 | URL | EDIT

POST COMMENT


↑