FC2ブログ

あなたの心の部屋

| EDIT


診断メーカーやってみる。7人分


鎧蜘蛛さんの心の部屋は、
ナチュラルな壁紙に金属の床、
ロッキングチェアが置いてあり、
天窓から不機嫌な曇り空が見えるでしょう。
#あなたの心の部屋
https://shindanmaker.com/795369






チョッキングさんの心の部屋は、
所々禿げている壁紙にきしむ床、
子供の頃買って貰えなかった憧れのおもちゃが置いてあり、
部屋の中は羊水で満たされているでしょう。
#あなたの心の部屋
https://shindanmaker.com/795369






セシミアさんの心の部屋は、
穴の開いた壁に緑のカーペット、
古びたオルガンが置いてあり、
天井ではシーリングファンがゆっくりと回転しているでしょう。
#あなたの心の部屋
https://shindanmaker.com/795369






シーカーさんの心の部屋は、
金色に輝く壁にガラスの床、
動物の剥製が置いてあり、
あなたの好きな映画が流れているでしょう。
#あなたの心の部屋
https://shindanmaker.com/795369






ルナさんの心の部屋は、
ヒビの入った壁に黒いカーペット、
砂時計が置いてあり、
懐かしい香りがするでしょう。
#あなたの心の部屋
https://shindanmaker.com/795369






ビィアルーメさんの心の部屋は、
砂の壁にきしむ床、
楽譜台が置いてあり、
絢爛なシャンデリアが輝いているでしょう。
#あなたの心の部屋
https://shindanmaker.com/795369






アノ補佐官さんの心の部屋は、
花柄の壁紙に冷たいタイルを敷き詰めた床、
コーヒーメーカーが置いてあり、
妖精が扉を守っているでしょう。
#あなたの心の部屋
https://shindanmaker.com/795369







主「不機嫌な曇り空ですか。私らしいw」


チョ「金属の床はマスターの家と同じだな」


主「ダイブ界の自宅ですね」

主「ロッキングチェア好きなんですよね。概ね当たってる」


ビィ「へー。マスターお洒落じゃない。ミリヲタにしては」


S様「曇りが似合いますねマスター。雨降ってる中、佇むマスターカッコいい」


チョ「そんなことあったっけ?w」


主「記憶にございません」


ビィ「ふーん……」


主「掘り下げても面白い話にはなりませんよ; 次はチョーさん!」






チョ「オイラの診断結果は考えさせられる。想像してみたら案外好き。オイラのママは何処にいらっしゃるのだろう」


アノ「玩具くらい管理者のマスターに買ってもらえる気がする」

主「どんな玩具がお望みで??」


チョ「人型アンドロイド」


ルナ「ペッパーくんですか?」


チョ「いやもっと大きいの」


ビィ「そんなもの買わなくても私達がいるじゃない」


チョ「あー、そうだね(棒)」






主「次はセシミア様。緑のカーペットがいいですね。私の好きな色です」


チョ「マスターの好きな色は聞いてませんがな」


ルナ「シーリングファン付きですか。セシミア様もオシャレですね!」


S様「ピアノじゃなくてオルガンな所も素敵です。でも壁の穴は何だろう」


主「セシミア様の心の傷とか……」


ビィ「マスターが隣の部屋から覗いてんじゃない?」


主「かもしれませんねw」


チョ「否定しろよw」


アノ「ミィアしゃんの心の部屋行きたいかもしれない。緑のカーペットでピクニックしたい」

チョ「はいちょっと黙ろうね~」


主「カーペットでピクニック・・・」


チョ「想像しなくていいから;」






主「次はシーカーさんです」


シカ「長いな……。ようやく私の出番か」


ビィ「もっと積極的に会話に参加しましょうよ」


シカ「タルパにも得手不得手があるものでな」


主「シーカーさんは金色はお好きで?」


シカ「嫌いではないな。動物の剥製には興味湧かないが」


チョ「金か。守銭奴のシーカーさんにはピッタリだね」


シカ「あ?」


チョ「すみません;」


ビィ「あたしお金大好きよ。マスターにプレゼント買ってもらえるし」


S様「買ってあげるじゃなくて貰うんだね;」






主「つるいてはルナさん」


ルナ「壁に問題ありですね。皆様との仲に亀裂が生じているのでしょうか」


S様「ちがうよー」


チョ「というか軽く噛んだな今」


主「バ、バレたか(定型文)」


S様「砂時計があって懐かしい感じがする部屋。その雰囲気好きです」


主「私もです。時間が無くて私がバタバタしている時もルナは常に冷静で、君の周囲だけ時間がゆっくり流れているような感覚があります。まさに砂時計」


ルナ「マスターこそバタバタしているようには見えません」


チョ「オイラ達はマイペースだもんな」


ビィ「時間に追われた生活も悪くないわよ」


S様「マスターと会話出来る時間が1日3時間とか決められてしまったら悲しくないですか?」


ルナ「それは遠慮したいです。仕事みたいですから」


ビィ「あーそれはわかるかも」






主「次はビィさん」


ビィ「あい」


アノ「部屋まで偽りな気がするな~」


主「楽譜台にシャンデリアとか…w もしかして才女?」


アノ「それは無い気がする」

ビィ「アンタ達ラリアットくらいたい?(威圧)」


S様「砂の壁も素敵です」


ビィ「埃っぽいわよ…」


チョ「床とか壁はガタがきてんな」






主「最後はアノ補佐官」


チョ「お前……部屋のテイストメチャクチャだな;」


ビィ「アンタってやっぱ謎……」


主「妖精とか花とか女性的ですね。コーヒーは心のゆとりを表しているのではないかと」


ルナ「流石ですマスター」


アノ「合ってるかもしれない。meはゆったり過ごしたい気がするから」

スポンサーサイト



COMMENT

POST COMMENT


↑