FC2ブログ

(恐怖!)アカシックレコードにアクセスしたつもりが・・・

| EDIT

こんちには。タルパーのクモさんです(’・ω・`)

リラクゼーションの一環として数年前(4年?)から始めている瞑想。

その延長で『アカシックレコード』なるものに興味を持って以降、ぼちぼちチャクラの活性化を行っていました。

そして早朝の瞑想中、いつも真っ暗な視界に変化が訪れました。

この時、体は眠っていて脳は起きている状態です。一見睡眠障害や金縛りの類に感じるかもしれませんが、
自分の意思でこの状態を解除できますので金縛り状態とはまた違います

瞑想中に流れた映像?は、すぐメモりましたので以下に記載します


○最初に見えた映像は夜のビル街。人のような影がせわしなく動き回っています。でも顏は暗くて確認できません。
そして『私』の姿は無くドローンで撮影しているような上からの視点。三人称ですね。

○場面が路地に切り替わります。この辺りはハッキリ覚えてなくて、上手く思い出せません。
人が妙な化け物に襲われていたのは確か。

○地下の牢屋に移ります。そこでは全身に鎖を巻いた鬼のような二足歩行の化け物が徘徊しています。
その鬼?は牢屋から出たいらしく隅から隅までまで調べています。
牢屋には水が流れていて、まるで下水道のような雰囲気が不気味さを倍増させます。

○壁に亀裂を見つけた鬼が覗き込むと、その先に薄汚い個室がありゴブリンのような黒くて気持ち悪い1つ目の化け物が天井から吊るされています。生きているようには見えませんが突然目がギロリと見開かれると、鬼は慌てて部屋から出て積み重ねられたボロボロの服の山に身を隠します。
そしてゴブリンの目が空中に浮いている私の視点(?)と合った瞬間、場面が森に変わります。

○森は無音で生物の気配はまるで感じられません。木々の間に無数の枯れた蔦のようなものが揺れています。
場面が森に変わるまで私の意思とは関係なく映像が流れていましたが、ここで『アカシックレコードを探さないと』という本来の目的を思い出し、高速で森の中を駆け抜けます。
すると突然、、、

ボッ!というガスコンロの火みたいな音と同時に場面が赤黒い部屋に変わります。
中央には赤くて丸いテーブルだけがあり、無音です。これまでとの違いは、視界が妙にクリアで自分が本当にそこに立っているような感じがすること。
私は『ここは違う!居てはダメな場所だ!』と本能的に感じ『アクセス中止!』と念じながら腕を動かして現実世界に戻って来ました。

以上が全てです。
これが『何らかの世界にアクセスした』と仮定するならば、間違いなく失敗でしょう。
オカルト的解釈となりますが、アカシックレコードへのアクセス中は『邪悪な者』に狙われやすく無防備な状態となるのではないでしょうか。
私は瞑想中に自分の意思でアクセスを中断させる訓練を繰り返し実践したり、効果あるかどうかは別として瞑想の最後に地球に感謝を捧げています。
また、深い瞑想状態に入る前に『光』に包まれるようイメージしながら雑念を取り払い、光を一層強くして心を清らかにします。こうして自己防衛能力を高め必要な情報以外を排除するよう努力しています。

ですが今回、久々のアクセス成功で欲が出てしまい中断するタイミングが遅れてしまいました。


あの赤黒い部屋は何だったのか……

皆様もダイブ中に奇妙なものを見掛けたら、直ぐに中断されることをオススメ致します



スポンサーサイト



COMMENT

オカルト記事だ・・・!!(っ〃゜◇゜〃c)♡♡♡♡♡

おわわわ、赤黒い部屋、怖いですね・・・なんだか火を連想しました。(っ゜ω゜;c)火の赤と焦げた黒みたいな・・・(私の勝手な想像です・・・)

これって、赤黒い部屋でそのままアクセスを続けていらっしゃったら、何か怖いことが起きてしまったりするのでしょうか・・・?ほわわわ怖い!!(っ≧ω≦;c)

アカシックレコードという言葉、聞いたことはあるんですが、何なのかはよくわかってない私です。膨大な知識の記録、みたいな解釈で合ってますでしょうか・・・?(〃゜◇゜〃)☆

さゆ #- | 2017.11.03(Fri) 20:14 | URL | EDIT

>>さゆ様

『火』を連想されましたか。確かに鎮火した後の部屋にも見えましたね(*_*)

その通りですね!
アカシックレコードとは一言で言い表すと『宇宙図書館』らしいので。

過去から未来まで膨大な量のデータが納められているんだとか
有名な予言者『エドガー・ケイシー』がアカシックレコードにアクセスして情報を引き出していたそうです。

大震災の曜日とか知りたいですね~

コメントありがとうございました(^_^)

鎧蜘蛛 #- | 2017.11.03(Fri) 20:41 | URL | EDIT

POST COMMENT


↑