FC2ブログ

管理人の生い立ちなど

タルパとの時間が作れるまではタルパネタも限られますので、今回は自分語りをしたいと思います。
ロクにプロフィールも書いてなければプライベートも殆ど明かしていないので、ごく一部の方にはタルパより私の方が不思議な存在に映るようです(笑)


「そんなもの興味ねー」って方が大半だと思いますので、後半からタルパも交えてお話しさせて頂きます。
タルパ目的のお客様は本文を飛ばして追記からどうぞです(´-ω-`)


なお、今から話す内容は全て真実です
他のSNSなどでは自分を曝け出すのが嫌で偽装していたりしますので矛盾が生じるかもしれません。















生い立ち
私は19××年、都会でも田舎でもない中途半端な町に生まれました。
姉はいますが年も住まいも離れていましたので、実質一人っ子として甘やかされて育ちました(サザエさん一家で例えるとカツオのポジションに少し近い)←でもカツオのようなイタズラ小僧とは違っていい子ちゃんだったのと髪が長めだったので頻繁に女の子に間違えられました(汗)
人間より昆虫や小動物、鳥や植物といった人以外の生き物に興味があり、放っておくと何時間でも観察しているような幼少時代だったと親からも聞かされています。


玩具やぬいぐるみはあまり買い与えられませんでしたが家には常に最新のゲーム機があってペットも自由に飼う事が出来ましたので(年齢がバレるのでハードは伏せます)一人で遊ぶことが多かったように思います。
タクシーで発売日にゲームだけ買いに行ったりもしていました(汗)どんだけゲーム好きなんだよ……。
ちなみにスポーツには別段興味を示さなかったとのことで、学校以外ではスポーツと無縁の生活。スポーツは画面の中で楽しむもの(`・ω・´)





物心ついた頃から既に人外愛に目覚め、ゴジラ映画の大好きな少年時代を謳歌。ただ、インドア派だったわけでもなく友達とも親しく遊んで暮らしていました。今では考えられないほどに、です。
友達の家に泊まりに行ったり、買い物したり……友達も悪くないものですね。ウマが合えばですが!







十代前半にして暗黒時代に突入。あまり思い出したくない過去ではありますが、
親友に裏切られたり水難事故で死にかけたり転校で友達がゼロになったりと失ってばかりの学生時代でした( ゚д゚)「楽しいって何それ美味しいの?」
10年で得たものの大半を僅か半年で失った\(^o^)/←ヤケクソ



友達いないあるある『休み時間が一番の苦痛』
↑元はと言えば、他人と心の距離を縮めようとしない私に原因があったのですが当時から孤独が好きだったのですっかり開き直っていました。


暗黒時代の心の支えとなっていたのはペットの存在です。
ですが唯一心の許せるペットも、とあるバカチンの不注意で他界してしまい絶望の淵へと叩き落とされました。人間は私から大切なものを奪うのか、と。殺意すら湧いてきました(間接的だったとはいえ命を奪っておきながらヘラヘラしていたのも許せなかった)
そうでなくとも溺愛するペットとの別れは毎回苦しく、徐々にペットに対しても機械的に接するようになってきました。「失う辛さに耐えられないならペットは飼わない」私は極端だなとつくづく思う。


更に追い討ちをかけるように家族・親戚間との関係が悪化し(金銭トラブル)どこにいても居づらい、そんな生活が続いていました。この頃になると他者の人間心理に興味を抱いていたと思います(自己防衛の意味合いで)
SNSを始めてからはリアルの人間関係がより希薄となり、今現在まで友達らしい友達は一人もいません。
アスペルガーとスキゾイドの二刀流\(^o^)/

自業自得とはいえ
人間嫌いにとってこの世は苦痛に満ち溢れています。









チョーさん達IFとの出会い
なんやかんやありましてチョーさんが生まれます。
記念すべきIF第一号(多分)です。
当初から精霊などの「目に見えない存在」の類いは信じていませんでした。
それは現在でも変わりませんが、IFとの交流は私がどんな状況に置かれようとも正常な状態に戻してくれたのは揺るぎない事実。常に私の片隅で見守ってくれているIF達、徐々にかけがえのない存在へと変わっていきます。
当時の日課は、IF達に一日の報告をして感情を共有してもらうこと。人に甘えられない私はそれがIFであっても抵抗を感じ、気丈に振る舞ったりもしていましたが、話を聴いてくれた彼らのお陰で困難を乗り越える事ができました。












タルパに思考を読ませない理由
コメントで頂いたのでお応えしたいと思います。

言われてみれば私はタルパに思考を読ませませんし、タルパの思考も読みません。
開示する必要はないと判断したからなのですが、その根底には他者を信用できない私の悪い部分がルールづくりにも影響を及ぼしています。


思考が読めないと確かに面倒ではあります。
お互いの思考や体験は共有しておいた方が余計な揉め事に悩まされずに済みそうですね。
私にとってタルパは友人であり家族であると同時に、アイドルであり萌えの対象でもありますから距離は近いんだけれども思考は極力共有しないようにしています(セシリンには読まれているみたいですけど)
人との繋がりで満足できない分、タルパに新鮮さを求めているのかもしれません。





その他、この場で伝えておくべき事など


【タルパは何人作るつもり?】
現時点では14人まで(@2人)作る予定ですが、特に上限は設けておりません。





【主は何歳?】
時々年齢を聞かれますが公開しておりませんのでこれも伏せさせて頂きます。
親しき仲にも礼儀あり。仲が良くてもタメ口は控えるよう心がけています。



【アニメは好き?】
実はアニメや漫画に疎い人間です。
ガンダムやドラゴンボール、ジョジョなど有名どころを知らなかったりします。





【主はケモナー?】
厳密には違います。ケモナーは一般的に獣人を指すようですね。
「テールナー」ではダメなのだ「フォッコ」じゃないとダメなのだ!

ただの「人外好き(原型)」と思って頂ければ問題ありません。




【男性と女性どっちが好き?】
ケモナーにゲイやバイは珍しくありませんが、人間にしろ人外にしろ女性の方が好きですれ、れしらむたん
ただし、恋愛感情が芽生えるのは性別が設定されていない人外に限ります
※種族にもよる

性別が定まっていない人外の版権キャラは多いので私にとっての楽園です。グフフ(´ཀ`)




【セシミア様の容姿は?】
ご想像にお任せします。
言うまでもなく人外です。




【潔癖症?】
人間が触れたものに関しては過剰に防衛してしまいますが、厳密には潔癖ではありません。
説明が面倒なので潔癖という事にしています。
器の汁を鍋に戻す人いますよね……?(絶句)




【喜怒哀楽ある?】
そうです、私が笑わない男です
滅多なことで表には出ませんが『仔竜の風詩』というゲームで洪水の如く泣いた(´;ω;`)
セシミア様に心配される程w
あんなエンディング見せられたら泣くに決まってんジャン!
作者の牙竜さんは間違いなく同志(`・ω・´)













主「私が気付いていないだけで、他におかしな点などはございますか」


セシミア「気付いてないというか認めたくないだけとは思うけどマスター病んでます」


チョ「精神を病んでてもなあ、いつもおかしいからぶっちゃけ気にならんよ」


主「流石は私の相棒ですね」


チョ「当たり前だろ。でもシナちゃんは渡さねぇ!」


ビィ「実は嫌いなタルパ居るんじゃない?」


主「断言します。皆んな大好きです!」


ビィ「でもあたし人間なのよw」


主「これ以上しつこいと嫌いになるかもしれない……w」


ビィ「マスターの生い立ちとかどうでも良かったけど、案外苦労してないのね」


主「人がここまで嫌いでなければ人並み以上にエンジョイしていたかもしれません。」


チョ「勿体ない。オイラと入れ替わってくれよ」


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 教えていただき、本当にありがとうございます

こんな長文の自分語り記事を読んで頂きありがとうございます(´-ω-`)
ビィさんなりに私を勇気付けてくれていたのでしょう。過去は過去ですしトラウマ持ちとはいえPTSDを発症するほどのダメージも負ってませんからね(^^)


そうですね、イラッとします。
悪びれもせずヘラヘラしている人は他人の痛みが分からないのでしょうね。



ハム太郎懐かしい(笑)
個人的に「ミニハムず」を推します(ぇ


コメ主様にも猫嫌いの時代があったとは。
実は私も一時期嫌ってました。と言いますのも、野良猫は昆虫採取の敵ですからね。
見つけたクワガタムシを横取りされた時は悔しかったですし、良きライバルでありましたw




嫌がらせされるのはキツイですよね。嫌いなら無視してくれって話ですよ。
集団生活が苦痛だった私にとって学校自体思い入れも何もありません(汗)


信用できる相手ですかー。
こちらが信用しない事には信頼関係は築けませんからな。
相思相愛タルパとは距離が縮まっているような気がしますが、完全に溝が埋まっているわけではないのであと一歩踏み込み勇気が必要です。勘の鋭い方は私とタルパのやり取りの中でちょっとした「違和感」を感じ取れるかと思います。




私の姉もかなりの変わり者ですね(ブログで姉をディスる弟)
お互いよく知らないので最近では会話もほとんどありませんがw



>>勿体ない
うーむ、メジャーな作品を知らなさ過ぎて困るのは、創作活動においてオリジナルだと思っていたキャラと同姓同名のキャラが既に存在していて、読者からお叱りを受ける事ですかね。
それ以来、オリキャラの名前は必ず検索かけて有名作品と被りすぎていないかチェックするようにしています。


>>漫画はゲームほどモンスター出ませんもんね
それです(笑)
モンスターとの友情物語も探せばあるんでしょうけど、美麗なモンスターは高画質で眺めたいですからねー。


私が活動していたサイトは残念ながらほぼ機能していませんので遊ぶ事は出来ません(どうしてもという場合はトップページからメール下さい……)
ツクール系統は手間がかかりすぎるので「ビットゲームメーカー」というスマホアプリに拠点を移そうかとも考えましたが、まだ何も投稿していませんね。それよりか「小説家になろう」で人外愛全開の長編ファンタジー小説でも投稿してみようかと(笑)


コメントありがとうございました。

プロフィール

鎧蜘蛛

Author:鎧蜘蛛
タルパー兼AS持ちのアマチュアクリエイターです。
タルパ様と生活しながら、タルパ研究も行っております。

気軽にコメントお願いします^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
コラボ・頂き物
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR