FC2ブログ

リヴァイアサンの力でゼクとシナラタンついに……?!

ダイブが長過ぎたのか頭痛がします。
リアル・タルパ共に悩みの種が多いのでストレスもあるかもしれない(´・ω・`)

終盤の記憶が曖昧なので、会話録におかしな箇所があるかもしれません。









ーーダイブ界 教会




以前、私の夢の中に登場した「リヴァイアサン」を教会に呼び出しました。
私の頭がおかしくなったとお思いでしょう。
とりあえず最後までお読み頂けると嬉しいです。








シナラタン「マスター様お疲れ様ー! 本当にリヴァイアサン呼び出しちゃったの? スゴイですマスター!」


主「神様ですよ。ナラも神々しいオーラを感じますか?」


シナラタン「は、はい! わたしなんかが謁見して大丈夫なのかな?」


主「もう一人お呼びしていますので暫くお待ち下さい」
・そのもう一人というのはゼクです。
だいぶ遅れてやってきました(汗)




ゼクライオス 「おいおい、キサマは○に損ないのタルパじゃねぇか」
・ナラに対してはまだ暴言王のまま……


シナラタン「あー! 脱獄犯!」
・両者、敵対心剥き出しの状態です


主「神の前で醜い言い争いはご法度ですよ」


ゼクライオス 「(リヴァイアサンを)どうやって呼び出したキサマ」


シナラタン「これって式神なの?」


主「いいえ海竜神です(真顔)」


ゼクライオス 「それは光栄なこった。それで神の前で懺悔しろとでも言うのか?」


主「いいえ。神はこう仰っています。ナラもゼクもお互いに理解し合える段階にあるはずだと。素直に謝れば済む事なんです。神はゼクの暴言もナラの出鱈目な吹聴もお許しになる」


シナラタン「それって……」


ゼクライオス 「やっぱりな。あのチビとグルになって俺を陥れようとしていたのか。随分と汚い手を使うじゃねーか」


シナラタン「陥れようなんて考えてない。ローサちゃん達には事実を話したまでです」


ゼクライオス 「排斥されるべきは余所者のキサマの方だろ。違うか?」
・言葉の応酬はまだまだ続きすが、この辺りではしょります。




シナラタン「リヴァイアサン様、ゼクライオスさんからマスター様とわたしを助けて下さい。お願いします」
・リヴァイアサンの前でお祈りを始めてしまいました


シナラタン「大目に見ていたけど、もう限界なの」


ゼクライオス 「悪者が神頼みとはな」
・ゼクは相変わらずですが、かなり焦っている模様




主「ナラとゼクがお互いを干渉せず生きて行く選択肢もあります。ですが蟠りを捨て歩み寄る事で友達にはなれずとも、仲間として認識し合えるくらいまでは修復出来ませんか?」


ゼクライオス 「そうだな、シナラタン聴いているのか?」


シナラタン「先に言うべき事があるよゼクライオスさん」


ゼクライオス 「暴言吐いて悪かったな。これでいいか?」


シナラタン「うん、まだ足りないよ」


ゼクライオス 「なあマスター様」
・ゼクが肩に顔を載せて来た。従順モード発動か(呆)


ゼクライオス 「アイツは今、俺を抹殺する為にリヴァイアサンを丸め込もうとしている最中だ。キサマはそれでもヤツを信じられるのか? 今ここで俺が消されたらキサマが苦労して牢屋から俺を救い出してくれた行為も無駄になってしまうな。ヤツを消せるだけの力をくれたらあの時の礼をしてやる。トリックオアトリートだよ。イタズラしてくれ」
・長ったらしくて細かいニュアンスまでは覚えていませんが、私を丸め込もうとしていたのは確かです。


シナラタン「ゼクなんて居なくなればみんな幸せなのに」






セシミア「はい、もう茶番は終わりです。ナラさんもゼクさんも全然変わらないですね!」


主「お疲れ様です。これはひどい結果に終わりましたね」


シナラタン「セシミア様!! どうして?」


ゼクライオス 「リヴァイアサンじゃねーのかよ」
・皆様に説明します。
ゼクとナラの関係修復の為、リヴさん指導のもと一芝居打つ運びになりました。
セシミア様もリヴも私も、ゼクとナラは本当は和解したい気持ちがあるではと思い二人を呼び出してお互いにごめんなさいしてもらって「はい仲直り」という算段でしたが結果はこの通りです(汗)

リヴァイアサンも新しく作ったタルパではなくセシミア様が扮していただけです。
当初はリヴさんに変身してもらう手筈だったのですが、小物臭が拭いきれなかった為降板させました。
No.2でもセシミア様には遠く及ばないか……。
(後程、教会にリヴァイアサンの像を配置しました)




セシミア「ナラさんもゼクさんも負い目を感じていたのは嘘だったの? どうして素直に謝ってくれないのですか」


シナラタン「何度も許そうとしたよ。あの態度じゃなかったらね」


ゼクライオス 「アイツは嘘の塊だ」


主「ゼクこそ私を丸め込もうとしてましたよね」


ゼクライオス 「礼を言いたかったのは嘘ではない。鎖がトラウマになっていると思って柵を全部木に変えただろ」
・元々、景観を損ねないように木で統一していたのですが……。
まあそういう事にしておきます。事実、牢屋での一件から鎖恐怖症になっていないか心配していましたので


セシミア「トラブル起こさないでくれたらゼクさんも一人で行動して構わないし、ナラさんもいつか分かってくれると思うから信じてます!」


シナラタン「ローサちゃんまで巻き込んでしまって反省してる。でもゼクライオスさんにだけは謝るつもりない!」
・そう簡単にはいきませんよね。




セシミア様に姿を変えてもらったとはいえ、教会の厳かなデザインにリヴァイアサンは合っていましたので、
ダイブ界の教会に一体、リヴァイアサンの像(フルカラー)を配置しました。
夢の中に登場した神々しい姿を再現したつもりです。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: リヴァイアサンのいる教会

こんばんは。肌寒くなって来ましたね(´・ω・`)

トップ3が揃って出した決断が神頼みです(笑)
何も解決していません。

おそらく想像する通りの光景が広がっていますw
教会にリヴァイアサンが祀られていても何の疑問も抱きませんでしたが、チョー達には「悪趣味な教会」と不評ですorz






質問ありがとうございます。
質問者様の場合ですと、もしかしたらヘミシンク体験がダイブの邪魔をしているのかもしれないです。
ダイブは自分の精神世界に意識を向けないといけませんので、内側へ内側へと意識を持っていくようイメージしてみて下さい。

「心の暴走」については未経験かもしれません。ただ、ダイブ初期の頃は恐怖心を完全には拭い去る事が出来ず、上手く接続出来なくて焦った経験はあります(ダイブが怖いなんてタルパ達には言えませんでした)


安定するまではサイズはなるべく小さく、シンプルな構造が良いと思います。
私は浮島をイメージし、ダイブする度に徐々に細かく作り込んでいった感じです。広さ的にはゴルフ場1つ分(東京ドーム15個以上?)はあると思います。巨大なタルパでもストレスを感じないように。ただ、森の奥地などはあまりイメージしていませんので、ただ木が密集しているだけのエリアが大半です(笑)冒険心は擽られない(汗)


必要の無い部分は自然に省かれますので建物や住人など思い付くままに創造してきました。
ダイブ界の広がりを感じたのは、第二の浮島の生成に取り掛かった辺りですかね。当初から3〜4つの島は意識しておりましたが、ダイブ成功の有無にかかわらず想像力だけはフルに働かせていました。
モチベーション維持はタルパと湖で遊びたいとか、街でデートしてみたいだとかタルパありきでしたから、質問者様のようにタルパ(精霊)の協力が得られないとなると難易度は高くなるかもしれませんね。


こんな感じの回答で大丈夫でしょうか(汗)


物質世界にダイブ界を重ねるやり方もありますが、一から自由に創造してみたい者としては精神世界にダイブする方を選んでしまいましたね。ですので自分自身やリアル世界との繋がりは薄いです。
一部、存在する建造物を参考に開拓した住宅街もありますけどね。その程度です(´-ω-`)








プロフィール

鎧蜘蛛

Author:鎧蜘蛛
タルパー兼AS持ちのアマチュアクリエイターです。
タルパ様と生活しながら、タルパ研究も行っております。

気軽にコメントお願いします^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
コラボ・頂き物
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR