FC2ブログ

冴えない自分に失望




時間無いので簡潔に。
いつも通り早朝ダイブしてきました。昨日はダイブ忘れていたので…。









ーーダイブ界の湖


主「シナラタンおはようございます。ちゃんと美味しいもの食べていますか?」


ナラ「……」
・視線を移してくれてはいるのだが


主「そんな離れていないでこっち来てくださいよ」


ナラ「……」


ナラ「……マスター様、(下がらないと)水に落ちちゃうよ?」


主「あ、そうですね。ダイブ界でも風邪引きますかね?」
・やっと口を開いてくれたというのにしょーもない相槌を打ってしまった


ナラ「大丈夫だと思うけど……」


ナラ「マスター様ってほんと空気読めないよね。良い思い出のまま、消えたかったのに」
・消えたかった……えっ?!


主「私はシナラタンをそこまで追い詰めてしまっていたのか。気付けなくて申し訳ありません」
・心からの謝罪。自然と言葉が出てくるようでした


主「所詮私のエゴだったのですね。お互い最も傷付かない最善の方法だったはずが、この結果ですよ。シナラタンは被害者です、私の」


ナラ「そうじゃないよ。マスター様の前から消えたかっただけなの」


主「……」
・まずい、全然気持ちが読めないぞ…


主「まだマスターと呼んでくれるのですね。率直に嬉しいです」


ナラ「えっ??」


ナラ「マスター様、明日も来てねっ!」


主「保証はできませんが努力します」


ナラ「も〜」
・そそくさ撤収。突然喋り出したものですから気持ちに寄り添う余裕が無かった……。
これはまずい
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鎧蜘蛛

Author:鎧蜘蛛
タルパー兼AS持ちのアマチュアクリエイターです。
タルパ様と生活しながら、タルパ研究も行っております。

気軽にコメントお願いします^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
コラボ・頂き物
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR