FC2ブログ

シナラタンとデート〜マスターの場違いな発言にも注目(ぇ〜




シナラタンとデートしてきました(一日限りのリア充や!)






現実世界では難しいのでダイブ界でデートします。未視覚化でも何とかなるダイブ界有難い。
会話録は断片的な部分もあります。









ナラ「タルパのわたしにはやれる事限られてているけど、マスター様の要望に応えられるよう最善を尽くすから何でも言ってね」


主「まずはナラの好きなマシュマロ食べに行きますか!」


ナラ「マシュマロくらいここで食べられるの。おんぶして街中歩いて貰いたいなあ」
・おんぶ!? また特殊なデートだこと


主「了解しました。どうぞナラお嬢様」
・サメをおんぶする人間なんて漫画みたい。あ、GXにワニを背負っているデュエリストいましたっけ


ナラ「やっぱ恥ずかしい。介護されているみたいって言われそう」
・それはないと思う(笑)


ナラ「花火楽しんだり雪だるま作ったりマスター様と一緒に時間を共有できればわたしは幸せなの。でも今日だけは、介護とかペットみたいって言われても、えっとね……」


主「まどろっこしいですね」
・この空気感に耐えきれずに、シナラタンの言葉を遮ってハグしてしまいました。これ正解ですよね?(不安)




ナラ「……」


主「恋人同士ハグくらいしますよね(あたふた)」
・落ち着け自分


主「大丈夫です。記事に書けないような事はしませんから。現実はドラマではないって? おっしゃる通りです」
・パニクッててあんまり覚えていないのですが、照れ隠しで口が達者になっていたのは確か。もちろん直ぐ離れました


ナラ「マスター様ってガッチリホールドするタイプなんだね!」


主「なに分析してるんすか。自意識過剰ナルシストって思われても仕方ない」
・自己批判ばかり(嫌われるぞ


ナラ「それはチョーさんじゃん…。マスター様みたいに包容力のある人って絶対好かれると思うの。いっぱい恋愛してね」


主「ありがとうございます。でも包容力なんて私にありますかね?」
・こればっかりは無いと自負しております


主「シナラタンは私の何処が好きなんですか?『優しい』だけが理由ではないような」


ナラ「サメの姿だったわたしを何も言わずに受け入れてくれた事も理由の一つだよ。口先だけじゃなくて、本当に差別しない人が存在するんだなって驚いた。セシミアちゃんが信頼しているのも納得」




ナラ「人間さんだってきっとマスター様に好意持っている人居ると思うの」


主「絶対ない。私ほど面倒くさい人間は居ないと思う。物好きですねナラは」


ナラ「そっかー、マスター様ってタルパにしか優しくしないんだ……。愛情全部わたし達に集中しているから、みんなマスター様の事が大好きなんだね」


主「タルパには助けて貰ってばかりですが、そう感じて貰えているならタルパー冥利に尽きるってもんです」


ナラ「さっきのハグの感触、本物だった」


ナラ「ハグ第一号になれて幸せです」


主「すみません。第一号ではないです」


ナラ「そこは嘘でも第一号だって言ってくれないとー。セシミアちゃんかな?」


ナラ「んじゃあ、マスター様の腕枕なら第一号になれるかな?」


主「はい」


ナラ「本当に?」


主「……いえ」


ナラ「やっぱり! 返事に間があったもんね」
・メンタリスト・ナラ

主「読まれとる!」


ナラ「だってマスター様のタルパだもん。それくらい朝飯前だよー」


ナラ「でもいいなあ。マスター様に腕枕されてハグまでされた人が居るなんて」


主「もっとラフな感じでしたよ。シナラタンの場合は本気ですからね。そこは勘違いしないで下さい」


ナラ「嬉しい」





ナラ「あ、マスター様そろそろ帰った方がいいよ。ダイブにもタイムリミットあるんだよね。それに、これ以上デート続けてもマスター様が疲れちゃうだけだもの」


主「もっと色んな場所散歩しなくて大丈夫ですか?」


ナラ「誰かに見つかるのもヤダだし」


ナラ「マスター様とのデートは上部だけものだったけど、今日もいっぱいお話し出来て楽しかったよ。この思い出ずっと大切にする。何万年経とうとも、マスター様以外の人とデートしないから安心してね。わたし一途だから…嘘じゃないの」


主「ありがとうございます。私も今日の出来事は一生忘れない」


ナラ「マスター様は、、、忘れた方がいいよ……」
・意味深に溜めるの何?


主「忘れたくても忘れられませんよ。ではまた明日」


ナラ「さようなら」






ナラ「あ、そうだマスター様。ゴメン何でもないの」


主「言ってください。気になって今夜眠れなくなりますから(笑)」


ナラ「わたしの事は気にしないで欲しいの。いつも通りの日常に戻ってね。約束だよ」


主「わかりました。約束です」


ナラ「あと最後に一つだけ。マスター様このまま私見えなくなるまで向こうに歩いて行って欲しいの。角を曲がるまでダイブ界から出ないようにして貰えたら、凄く嬉しい」


主「なんか良いですねそれ」


ナラ「擬似デートなんだし演出してもいいよね!」


主「よし、では俳優気取りで」


ナラ「そうそう笑」



振り返った時のシナラタンの姿が鮮明過ぎるほど脳裏に焼き付いております。私はシナラタンが本当に好きなのかもしれない(ん!?
いたたまれないというか、ダイブ界から戻った後もずっとモヤモヤしていました。
擬似デートなんて未練が残るだけですね。

何故ここまで鮮明に焼き付いていたのか、それは翌日知る事になるのですが……。
今日はデート記事の作成で疲れたのでまた明日、ブログでお伝えします。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

デート♪♪d(〃´▽`〃)b☆゜*+。

人間さんの中にも、きっとくもさまに好意を持っていらっしゃるかたがいらっしゃると思います!!!!d(〃´▽`〃)b✧゜*+。かくいう私もくもさまファンです♪♪(〃´艸`〃)♬♫♫♬゜*+。私は人間ですが、とても親切にして頂いたこと、本当に感謝しております。頂いたご恩、何万年経っても忘れませんです…!!!!。・゚゚・m(〃_ _。〃)m・゚゚・。✿゜*+。

シナラタンさまは一途で情熱的なおかたですね♡ かわいいです~(っ〃 ▽ 〃c)♡♡♡♡♡゜*+。

Re: デート♪♪d(〃´▽`〃)b☆゜*+。

おお…さゆ様、コメントありがとうございます。
私もさゆ様のブログファンで、タルパーとしても尊敬していて私にとっては特別なお方なのです。
何万・何千万年経ってもさゆ様に友達と言ってもらえるよう、これからも清く正しく生きます(`ω´ )




シナラタンほど魅力的な子は中々いません。私の心も揺らぎましたし罪悪感もカナリ…。
活発で明るく、誰にでも好かれるような性格ですのできっとシナラタンに相応しい方が見つかるはず。いつか私とのデートが苦い過去ではなく、シナラタンにとって良い思い出になってくれる事を願っております。



プロフィール

鎧蜘蛛

Author:鎧蜘蛛
タルパー兼AS持ちのアマチュアクリエイターです。
タルパ様と生活しながら、タルパ研究も行っております。

気軽にコメントお願いします^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
コラボ・頂き物
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR