FC2ブログ

数百年後



未来について話し合ってみる。
タルパが次のマスターへと引き継がれた時、過去の出来事は全て良い思い出として、タルパの中に残り生きる活力となるのでしょうか。それとも悲しい物語として・・・・・・


長文です







Nb「たまに自分の過去とか未来について考えることあるよな師匠」


S様「ニーゼはそんなこと考えてるの?」


チョ「"今"は楽しくないのかよ。マスターに失礼だ。なあしもべ」


アノ「ニーゼは何処から来たんだろう」


主「ニーゼのタルパーさんは他に居るとか…?」


ビィ「だとしたら帰すの?」


主「そりゃあ心配しているでしょうし」


Nb「もう何処にも行くつもりは無い。500年後とかにマスターと大喧嘩したら家出くらいするかもしれないが」


主「500年後の世界に私は居ませんぞ(汗)」


S様「マスターもいつか精霊さんになるのかな」
・現実はそんな美しい物語ではないと思うがそう願いたい。タルパと一緒に居られるならどんな姿でも良いけど


Nb「もしあの時、マスターの所へ戻らなくてそのまま数百年とか経過したら、どうなるんだろう」


ビィ「『あの日に戻ってやり直したい』って後悔し続けるわね。そんなの耐えられない」


チョ「よかったな戻ってこられて」


アノ「気付いていないだけで皆邂逅タルパだったりして。あり得なくはない気がする」


S様「過去の記憶を失っているなら失ったまま過ごしたいです。過去と現在のマスターなら現在のマスターに尽くしたい。でも今のマスターの記憶が無くなるのも嫌です…」


主「しかし過去の思い出もまた、立派な宝物ですからね。100年後であれ1000年後であれ『空気読めない変なタルパーが居たな』くらいに時々思い出して頂ければ幸せです」


チョ「生憎、思い出を忘れるなんて能力は持ち合わせていない。オイラ達のマスターはただ一人。誇っていいぞ」


S様「チョーさんたまに感動するような事言うね!」


チョ「つーかお前ら、そんなに未来が気になるならシミュレートしてみたら? マスターは未来のタルパー役。どんな感じか未来のタルパー気分を味わってみな」


主「期待されてもコントはしませんよ」
・念のため


チョ「舞台は西暦2500年。オイラ達は○人目のタルパーと共に暮らしていた。はいアクション!」


アノ「あくしょん??」


主「無視して下さい;」


暫しお付き合い下さい;





チョ「後輩、そろそろマスターの事話してやろうか」


S様「????」


チョ「後輩=2500年のマスターの事な。オイラ達にとってマスターは今のクモだけだろ?」


ビィ「それは揺るぎないわ」


チョ「だろ? だから未来のマスターは全員クモの後輩、仮のマスターとしてオイラ達を預かっている状態。いつか科学の発展でマスターを再び呼び戻せると信じているから」


Nb「普段から強がっているけど、オマエ本当は孤独が嫌いなんだろ(ジロー)」


チョ「いや。マスターに心配かけないよう未来でもオイラ、エンジョイしているよ。でもセシミンが耐えられないだろ? だからマスターに再び会うという希望を捨てるわけにはいかない」


S様「ありがとう。チョーさんが未来のリーダーです」


チョ「今は違うんかい! で、後輩。質問あるなら遠慮せず聞きな」


主「設定くらい決めておきませんか?」


チョ「あー、面倒くさいけどそうすっかー」






◇設定
西暦2500年。
マスターは○人目。機械を信用出来ない性格で、密かにタルパーとして生活を送っている。あだ名は『J』
場所はオクラホマ
ほぼ全て自動化された世界。一人に一体、アンドロイドが与えられる。
殆どの人間は仕事をする必要が無い。むしろ人間が労働に加わると効率が落ちるため、お金を支払って仕事を体験する時代。
◇各タルパの特徴
チョッキング:今と変わらず楽天家。J同様に機械は苦手な方
S様:    Jとは直接的に会話しない。他のタルパを通じてやり取りが出来る
シーカー:  今と変わらず淡々とした性格
ルナ:    Jの秘書
ニーゼブルム:日本に住みたいと思っている
ビィアルーメ:前のマスターの記憶は無い※
アノ補佐官: 変わらず不思議ちゃん

※ビィさん曰く、マスターが変わるとそれまでの記憶は無くなるか、思い出せなくなる。
しかしセシミア様によると設定は受け継がれるため記憶も残ってはいる。ただ話せないだけ。


それでは始まります。





J「マスターは今から400年も前の人なんだよね。そろそろ話して欲しいな」


チョ「現在に適用しているからあまり思い出したくないんだが」


J「セシミア様には無視されるし」


ビィ「無視されたのはアンタが初めてじゃないから気を落とさないで」


J「私にとってタルパが全てなんだ。頼むよ、教えてくれ昔の事」


チョ「じゃあ日本に行こうぜ。オイラ達の故郷だ。セシミン達も少しは心を開いてくれるかもしれないよ」


J「行こう! 日本へ」






チョ「日本に着きました。ここから再開な。てかニーゼとルナも喋らんかい!」


ルナ「わたしもですか?」


Nb「悪い悪い。コント苦手だから」


主「コントではないですよw」


Nb「なんでアルジ、タメ口なんだ」


主「アメリカ人の設定で敬語はおかしいかなと思って」


Nb「了解」


チョ「続けるぞ」






ルナ「懐かしいですね」


チョ「日本も変わったな~。マスターが見たら何て言うかな」


ルナ「自然も都会も愛されていた方でしたね」


J「やっぱりみんな日本が落ち着くんだね」


Nb「どんな国だったかすら思い出せないけど、久し振りにアルジの気配に触れた気がする」


ルナ「マスターが過去の人になるなんて、当時の私たちは思いもしなかった・・・」


J「僕の事も忘れないでくれよ」


Nb「ニーゼ達のボスになったからには、マスターを呼び戻す研究をする義務がある」


J「心得ているよ。君達に憑依をしてもらってそこからマスターの記憶にアクセスしてみるなんてどうだろう」


チョ「古典的なやり方だな。でもそこが素晴らしい!」


S様「もういいよ! 400年とか辛すぎる。例えそうなってもマスターの事を思い出させるようなJ、嫌いです」






チョ「ただのシミュレートだって」


ルナ「セシミア様には残酷です」


ビィ「あたしも正直キツかったわ。400年もマスターに会えないなんて辛すぎる。今回のはいい経験になった」


S様「マスターと別れるくらいなら消えた方がマシです」


Nb「改めて反省した。もう家出なんてしない」


主「気分転換に外出してみるのはアリですよ。時間が全てではありませんので」


チョ「かもな。いつも一緒に居ると感動も薄れるし、時々ケンカするのも悪くないなって思えてきた」


主「本日もありがとうございました。たくさんお話しできて幸せな一日となりました」


Nb「絆も深まった」


主「セシミア様に無視されないようさらなる高みを目指して精進します」


S様「もう十分立派ですから自分を大切に生きて下さい」


チョ「怪しい瞑想も程々にしろよ~」







最後までお付き合い頂きありがとうございます。
混乱を避けるためにも、タルパの引き継ぎは行わない方が良いですね。
邂逅型タルパとして新しい主を見つけ幸せに暮らしていけるなら構いませんけど、過去の記憶が悪影響を及ぼすかもしれませんから。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

400年後か~(っ〃´▽`〃c)☆゜*+。

400年後も、皆様が幸せでありますように…!!!!そう今からお祈りしておこうっと。∩(〃´▽`〃)∩✿゜*+。

私は生きている限りくもさまを忘れることはない予定ですが、生まれ変わった後の記憶はどうなるんだろう…でも、400年後もどこかで会いましょうよ~!!d(〃´ω`〃)b♡゜*+。

私はきっとDを連れていると思います。そして、人間ではなく精霊みたいなものになっている気がします。400年後もどうぞよろしくです。(〃´艸`〃)☆゜*+。

Re: 400年後か~(っ〃´▽`〃c)☆゜*+。

ですね。未来がどうなっているかなんてわからないのですから、ポジティブに考えた方が得ですね。
400年後と言わず、生まれ変わる度に何らかの形でお会いしましょう(^^)

私の記憶が飛んでいましたらD様の力(きっと備わっている!)で記憶を呼び戻してやって下さい(笑
私は肝心な事を忘れてしまう困った人間ですので、生まれ変わると、それこそサッパリ忘れてしまっているような気がするんです^^;
こうも忘れっぽいとルナも大変ですね←他人事;

こちらこそ今後も、そして来世以降も宜しくお願い致します!

プロフィール

鎧蜘蛛

Author:鎧蜘蛛
タルパー兼AS持ちのアマチュアクリエイターです。
タルパ様と生活しながら、タルパ研究も行っております。

気軽にコメントお願いします^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
コラボ・頂き物
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR