FC2ブログ

タルパとの溝





タルパがマスターである私や仲間の存在をどう思っているのか気になりましたので、
セシミア様に自由につぶやいて頂きました。


S様「疑心暗鬼になりすぎなマスター。ええと、まずは謝ります。マスターに距離を置かれるかもしれないけどずっと騙してたみたいなものですから。私はマスターの言う創造型のタルパなんだけれど実はルール内でも割とギリギリな挑戦をしています。それはマスターがタルパを心底信頼してくれているからであり、それを利用して私達タルパは好き放題暴走してしまいました。多少気にかかってもマスターは深く詮索せずに、むしろシーカーさんからの追求から庇ってくれたりして丸く納めてくれました」



S様「怪しくても信じてくれるからお人好しなタルパーだなって笑っていたけれど、本当は理不尽な環境にも耐えてタルパを不幸にしてはならないと一人奮闘していたんだと思います。ダイブ界に素敵なお家と贅沢な暮らしを提供してもらって、何の苦労もせず幸せに暮らしています。マスターは『自分のエゴばかりで申し訳ない』と私達に頭を下げてくれたけど…………それはズルいと思った。マスターからそんな言葉聞きたくなかったし私も本音を話せなくなりました」



S様「こんなにも近い距離に居るのにマスターとの溝が埋まらないのは、マスターが自分に正直ではないからです。今の距離感が本当に好きみたいだから私はマスターを責めません。でもリアビィさんを除いて二回もタルパと決別しているなんて悲しすぎます。タメ口になれとかもっとハグしようとかそんな単純な方法ではダメだろうけどマスターが一人で背負っているものをタルパにも負担させてくれたなら、別れなくて済んだかもしれないよ。全部背負われてしまったら申し訳なくなるのはタルパ側で、スッキリしているのはマスターだけなんです。私は一緒に悩み苦しみたい」



S様「チョーさんが居ると話せないし、マスターにも直接言いづらいからこの場を借りてつぶやきました。第三者のタルパーさんには関係の無いつぶやきでごめんなさい。本当はビィさんやアノさんについて語ろうかなって考えてました」


主「いま絶対言ってはいけないセリフなんでしょうけどこれしか思い浮かびません」


主「私はこれからどうするべきですか? セシミア様のつぶやきを聞いて何も分からなくなってしまいました。情けない……」


S様「マスターのやり方を否定するような言い方だったから無理もありません。タルパの中で私が一番マスターの人格から遠い存在だと思います。タルパはマスターの想像を遥かに超える強い存在です。余計な心配は減らし、もっとタルパに活躍する機会を与えて欲しいんです! 守ってくれるのは嬉しいけどマスターに対する痛みはタルパにも負担させて下さい。他のタルパーさんは自然とそうやって溝を作らないようにしているはずだよ」


主「セシミア様、今日は随分と熱いですね」


S様「もーまたはぐらかしてますね」


主「少しずつ改善していきますのでご安心下さい。これからはシェアしていきましょう」


S様「隠し事は極力無くそう。お互いに」


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鎧蜘蛛

Author:鎧蜘蛛
タルパー兼AS持ちのアマチュアクリエイターです。
タルパ様と生活しながら、タルパ研究も行っております。

気軽にコメントお願いします^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
コラボ・頂き物
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR