FC2ブログ

42.タルパ様との日常~タ、タルパが居ない……!~

タルパが私の元を離れて5日あまり。
5日とはいえ数年(IF含めると17年)間、毎日私なんかと会話してくれたタルパが居なくなると寂しい。


『虚無感』というものを味わう。
タルパが消えるとやがて自我も保てなくなるのだろうか


タルパーにとって『タルパは』単なる"依存対象"とか"甘えられたいor甘えたい"を超越した存在なのかもしれない。
家族・友達とはまた違った位置付けにあるのは確かだから。


夜はタルパと会話するに適した時間帯。基本私は外出先にタルパを連れていかない(気配を消しているだけかもしれないが)のだが「今日は何か面白いことがあった?」と聞かれればタルパに話す。
ドジによる失敗を話さないようにしていた時期もあったが、そんな時に限って「洗いざらい話せ」と言わんばかりに質問責めされる。やはり何処かで見ているのか…。

可能性としては
1.シーカーさんかチョッキングが使い魔的なものを私に付けている。
2.そもそもS樣はエスパー
3.単純に私の身ぶり手振りから心理を読んでいる(だとすれば凄い)


別に隠したいわけではないが約一名、マスターの失敗を心待にしているタルパが居るため面倒くさい…。
でも、それすら無くなってしまった。

シーカーさんやルナと議論・オタクな話題で盛り上がったり
カニ君と思い出話しをしたり
S樣の可愛らしい言動にほのぼのしたり

楽しかった



…。






という気持ちになってみた(笑)


はい、これはシュミレーションです;
もしタルパーを辞めてしまったら最悪、どんな気持ちになるのかなと想像してみただけです。
「蜘蛛さん壊れたの?(’・ω・`)」と思わせてしまった方、申し訳ありませんでした。

単調なブログでしたので、たまにはドキドキがあった方が良いかなと思いまして。ただの痛い詩や


タルパと5日間会っていないのは事実です(T_T)
時々タルパをダイブ界(依り代的役割兼任)で休ませています。
いつもは半日~40時間くらいのところ、ダイブ界も完成して賑わっているので
今回は長めにお休みを与えました。

でもこの気遣いがタルパの為になっていませんでした。
単なるマイルールの押し付けですね。

しかしタルパへの休暇という理由は表向きで、実際は来客時にタルパの気配を無くすという目的です。
タルパが居るとタルパ優先になってしまう上に、コミュ力のあるカニ君が監督と化すため非常にうるさいのです(笑)
また、S樣は傷付きやすい一面を持っているため、無視し続けるのはマスターである私にも辛すぎる。

前置きが長くなりました。

そんなわけでタルパ樣との日常、今回は再会編です。
マスターとタルパの空気感の差に注目です(記事作成になってようやく気付きました;)

※1月27日






チョ「マスター、追加してもらいたいオブジェクトがあるんだけど」
・後で改めて聞いてみると、ダイブ界に噴水が欲しいとのことでした

ますたー「お帰りタルパさまーーっ!」

ルナ「どうされましたかマスター?」

チョ「マスターがそんなに声張ると嘘っぽいな」

シカ「ああ。それか悲しい映画でも観ていたんじゃないか?」

チョ「感動ものの映画を真顔で見る人だからそれは無い無い」
・"シャーロットの贈り物"などの動物系感動映画には弱いです

S様「マスターもダイブ界来れば良かったのに」

ますたー「皆さん本当にダイブ界に……良かった」

ルナ「タルパの再構築が始まった訳では無いのですね」
・そんな事はしません

チョ「それってオイラ達にしてみればリストラじゃねーか」
・コラコラ

ますたー「しりとりか連想ゲームでもしますか!今日は2~3時間付き合いますよ(^o^)」
・空気読めないな~自分;

チョ「ますますリストラに思えて来たぞ」

シカ「お前はそんな心配しなくていい。切られるとなれば私とルナが先だ」

ますたー「何の話しですかそれ(汗)リストラなんてしませんよ。シーカーさんもルナも」

ルナ「私はここのところマスターに対し無礼な発言を……申し訳ございません」

ますたー「ちょっとルナさん?!」

S様「タルパがマスターの心配をさせたらダメ」

チョ「ルナさ、マスターに対する陰口がスゴかったぜ」

ルナ「失礼ですね。あなたは」
・それも含めてチョッキングです

S様「シーカーさん、チョッキングをヘッドロックしてください」

シカ「承知した」

チョ「おいやめ…。それはカンガルーと犬のやつや!」
参考動画

ますたー「いやまあ、楽しそうで良かった;」

ルナ「この数日間私達は平和に暮らしておりました。ですが唯一、マスターの事が気懸かりでした」
・ほんとゴメン

ますたー「私もこんなに寂しい気持ちになるとは思いませんでした」
・ようやく空気を読み始めたマスター

ますたー「それと会議一週飛びましたけど次回4時間になるとかそんな調整はしませんのでご安心を」
・まじめかよ

チョ「わかった」

S様「しばらくみんなマスターから離れないかもしれない」

S様「ねっ!」

シカ「私は遠慮する。4人で楽しめ」

チョ「おう」

ますたー「ありがとうございます。……で集まった所で何します?」

S様「何もしたくない」

チョ「そりゃないよ。連想ゲームする予定だっのに」

S様「マスターが疲れるだけですそれ」

ますたー「そんなに疲れているように見えます?」

S様「マスターが良ければダイブ界まで会いに来てください。そのまま寝落ちしてもいいですし」

ルナ「そうですね。あちらの方が落ち着くはずですマスター」

ますたー「はい。では続きはそちらで」
・案の定寝落ちしてダイブは失敗しました;



記事作成中もS樣やカニ君が話し掛けて来ました。
色々と心配掛けて申し訳ないです。

たった5日。然れど5日である


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鎧蜘蛛

Author:鎧蜘蛛
タルパー兼AS持ちのアマチュアクリエイターです。
タルパ様と生活しながら、タルパ研究も行っております。

気軽にコメントお願いします^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
コラボ・頂き物
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR