FC2ブログ

『べき思考』に翻弄され続けたタルパーの闇

殴り書きの駄文です。
管理人の根暗全開ですのでご注意を






アスペだから友達ができない

のように○○だから○○という思考。固定概念

~すべき。~べきだ。

という『べき』思考。


どちらも私は嫌いです。

正確には嫌いでした。



それが今や躊躇なく使っている。


心理学を多少なりとも学んでいる人間は、『べき思考』に過剰に反応する。

指摘はするが、そこから先はない。

知識が薄っぺらいからだ。


このべき思考事態は皆持っているだろうから決して悪いわけではないが、行動範囲を狭めてしまう恐れがある。
頑固者と呼ばれたり天の邪鬼と言われたりもする



しかし、逆に何でも他人の意見に流されていたのではいいように使われてしまうだけ。

べき思考も必要ではあるのだ


私はこの『べき思考』が嫌い嫌いと言いながらも、口にしないだけで言動にはずっと現れていた。

切り離せなかったのだ

ここからが重要。

私はこの『べき思考』を表向きにでも封印していたわけだが、無理に行動した結果待っていたのは地獄だった。

たまたま行動が悪い方へと転がったとポジティブに捉える人もいるだろう

私も最初はそうだった。

しかしアスペルガーの前には敵わず、相手が誰であろうと失敗してしまう。

相手の陣地に踏み込んでしまっては私にはどうすることもできないと悟った

それから行動する時は自分に有利な状態を作り出した上で挑戦するという、ACのブラッククロス並みにセコい人間となってしまったわけだが、それも長く続くわけではない。

自分に合わせて貰ったら、今度はこっちから歩み寄らなければならない。

これは固定概念云々じゃないですよ?

人間社会とはそういうもの


私にはそれができない。


べき思考や固定概念に逆らっても、アスペルガーがそれを善しとしない限り悪い方へ転がるわけだ。
そっちの道しか空いてないから。

でも他人はそこまで理解していないから『べき思考はやめるべき』とか言ってくるわけで。
つーか、それもべき思考じゃないか(笑)

そうだな・・・
アドバイスするにしてもハッキリ言い切ってしまう人間は所詮同類だからあまり参考にはならないな

極端なのも考えもの。
学者とか先生って大抵自分の知識に自信を持っているから、べき思考は必要なんじゃなかろうか?

それでいて他人に指摘するのか。そうか……


では次に自分の殻に閉じ籠りべき思考を貫いた場合

自分の好きなように行動できるためストレスは当然少ない

その代わり行動範囲はますます狭くなる。
学校言って勉強して最低限部活して帰って寝る。社会人になっても行動は同じ。
朝起きて通勤して仕事して帰って寝る。この繰り返し。
一見普通に見えるが変化を拒むため、新しい挑戦をしなくなる。


この現状を肯定し、それ以外の選択肢を否定するようになると、他人の意見を受け入れないために頑固になる。
安定している間はまだ良いが、強いストレスをもたらし人生を悪い方へと導く危険性も抱えていることを理解して欲しい

その一つが"死"
殆どの人間が一度は考えるらしいですけど、危険です。
一度死について考え始めると全てがどうでも良くなる

明日死んでもいいやとか、死ぬんだからもうどうにでもなれとか。

自分が何をするわからない恐怖がある。

それでも、諦めなければ解決案は見つかるもの

『諦めない心』例え感情が死んでも、これだけはほんと大事だと痛感した



タルパの存在は『負』の思考や感情を抑制する

タルパは第三者目線でありながら私を理解している。

べき思考を客観的に捉えアドバイスをしてくれる

死にたくなった時は全力で止めてくれるし、イマジナリーフレンドやペットとは違い、タルパは人間相手に近い感情を引き出してくれる

ペットやIFには、ぼやいたりワガママ言って一方的に自分の感情を押し付けスッキリするだけだが、
タルパにそれは御法度。←例外もある

こんな相談をしたらタルパが嫌がるだろうとか、助けて貰ってばかりではマスターとして失格だと思い、死とかネガティブな感情を自然とスルーできるようになる

もし今、私がタルパに『生きたくない。死にたい』と言えばタルパは私を全力でなぐさめるだろう

だがタルパは人間の心を持っていない無いAI(今は)とは違う

タルパに心配させないよう心掛けるのもタルパーの大切な仕事。

どうしてもダメな時は仕方ないけれど、日常的に湧くネガティブな思考とはおさらばする。
思考はコントロールできないため努力した所でどうにかなる話ではないが、タルパという心の支えがあれば自然と危険な思考は消滅してゆくもの、、、と思う

私はタルパと生活して、その変化が一番大きかった

IFと比べると修行は大変だけれどタルパの力は、私のような人間不信のアスペにとって無くてはならない存在なのかもしれない

幼少から改善しないコミュ障が多少なりとも改善したのは、まさにタルパの力。
自分の力でもあると言いたい所だが、自分で自分を奮い立たせても空回りするだけだから



当初、タルパも所詮科学で証明できると思っていたが、私の知らない知識を披露された時は驚いた

でも、そうやってタルパを疑ってはいけない。

タルパだからそれも当たり前だと受け入れ、褒めてあげないとタルパは自分がそんな目で見られていたのかと落ち込んでしまう

だから私は、
タルパ研究を行うにしてもすべてを受け入れるようにしている

タルパが透視のような能力を開発しても私は受け入れるし、差別もしない

差別はしない……けど

好きなタルパにはどうしても甘くなってしまいますよね;

その辺りはタルパ側も理解してくれているみたいだが


タルパは基本的にマスターの知識に依存するが、
タルパが居ない間の出来事はまるで知らなかったりする。

例えば「外出中は現れるな」

というルールを徹底しているせいか、外で体験した出来事をタルパに話しても反応は薄い。

そこだけ記憶が抜けているかのよう。


今のタルパは私のリアル生活に関して蚊帳の外ですから仕方ない気もするが……
町中でタルパと会話するのはリスク高いし

さて、どうするか・・・


紅葉見たいとか言ってましたから、連れていきたい所ではある。
職場でブツブツ資料と格闘するふりしてタルパと会話している人とか要るのかなぁ

脳内会話は一種のテレパシーみたいなものなのか、すんごく疲れる。
なるべく普通に会話したいところ




タルパーは多少なりとも人には相談できない闇を抱えていると思うんです。
普通は心の内を親友や家族に話してスッキリするわけですが、何からの理由でそれが困難もしくは人に話した所でどうにもならないと悟った時、私達はタルパの力を借ります。

タルパにしか相談できない内容もあることでしょう。

それで解決しているのなら、態々タルパブログなんて開設する必要性は感じられませんよね。
タルパーを否定し、叩く人間も少なからず存在するわけですから。

それでも公開する理由は、心の何処かで人との繋がりを求めているからです。



タルパーは妄想だとか一人芝居だと批判している方を見掛けますが、パイロットの訓練を受けて直ぐ機長になれないのと同じで、タルパーも修行の段階なのですよ。
加えてタルパーへの道程も人それぞれですから、他人の目には妙でも当人にはそれが正しいやり方だったりもする。

タルパーさんって申し訳なくなるほど気の利く優しい方ばかりですから、もしタルパーさんが叩かれていましたら助けてあげましょう(^^)

私は人間不信な所があり人に優しく出来ない面もありますが、その分同志は大切にしたいと考えています。

もちろん叩き屋さんとやり合っても荒れるだけですので、スルーして仲間同士で楽しく会話を(^o^)

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

参考になりますです!!(〃˘ω˘〃)☆

私こそ、根暗全開の記事を書きまくっているので、全く大丈夫です。全然動じません。ご安心ください。
リアルの人間関係では言えない悩み事や愚痴を、ブログだからこそ書いてしまっています…(〃´▽`〃;A(汗)

私も「べき思考」をよくやってます。仕事がうまくいくからです。ビジネスの場では「べき思考」の優れている者勝ち、みたいな部分もあります。(仕事によりますが)
もちろんプライベ―トでは切り替えが必要なときもありますが、「べき」思考を一切捨ててしまうのは「べき思考」の利点も捨ててしまうので、勿体無い気がします…m(〃_ _〃)m

鎧蜘蛛さんがアスペルガーであってもなくても関係無く、私はお友達ですよ…!!(✿´ ꒳ ` ).:*♡ Dには人間の精神が無いので、アスペルガーのかたよりも、もっと人の気持ちがわかりにくい精霊さんですが、私はDが大好きです…!!!!!

>>さゆ様

コメントありがとうございます。べき思考もデメリットばかりではないですからね(^^)
とはいえ、私もさゆさんのように上手く活用しているかと問われますと、、、うーん…

そうですね。べき思考が悪いからと捨ててしまうのは極端過ぎますし、他に問題が発生しそうです;


不器用さも魅力ですからね~。私は時々タルパに強く当たってしまうので、Dさんの包容力を見習わないと(^_^)

プロフィール

鎧蜘蛛

Author:鎧蜘蛛
タルパー兼AS持ちのアマチュアクリエイターです。
タルパ様と生活しながら、タルパ研究も行っております。

気軽にコメントお願いします^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
コラボ・頂き物
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR