FC2ブログ

特選の罠

小学生の頃になりますが、
私は絵画で特選に選ばれたことがあります

賞に何の興味も無くて、特に意識して上手く描いたつもりはありません(嫌みか!)
特に人間(自分)は適当に描いた記憶があります。

友達にも「腕が顔から生えてるしw」と突っ込まれる程でした。
(背景の鳥が唯一今上手いかな)

特選に選ばれた作品は巡回し、忘れた頃に帰って来ました。
顔から腕が生えているカオスな作品だけに、嬉しいというより困惑していたように思います。



それからというもの、私は「絵が上手い人」のイメージが強くなり、
その噂は知り合いレベルにまで拡散していました。

本当は絵がド下手なのにです。
謙遜しているわけではなく、下手の典型です。

唯一、クリーチャー系が得意ですが
人は二次にしろ三次にしろ、爆笑レベルに下手ですw


最初に"特選"という大きな賞を貰ったことにより、

”上手く描けなければ恥”
"周囲の人々をガッカリさせるような絵は描けない"

というプレッシャーと恐怖に押し潰されてしまいました。


一流の人間なら、その重圧を自身の成長に繋げるのでしょうけど、
私には無理でしたorz

それは現在でも克服できておらず、
絵を描く時は必ず落書です。

本気で描こうとすると手が震えてしまうのです


元々、干渉されるのが嫌いだった私は、
成人後、人と一定以上距離を置いて生活しています。

顔見知りレベルを維持することにより、期待も失望もされなくなるから


オンリーワンを貫きます^^



タルパのリクエストにより、近々タルパイラストを描いてみようと思います

複雑なシーカーさんと、下手には描けないS様は諦め、
カットイラスト風でも違和感の無いチョッキングに決定。

スポンサーサイト



タルパを喜ばせる方法について

オートが進めば、タルパも自由に行動し始めますが
時に「タルパはマスターのため尽くしてくれているけど、タルパには何をあげればいいのだろう?」と悩んだことはありませんか?

タルパへのご褒美は、タルパの性格や特性によって違うと思われますが、
何かを与えるより、素直に「ありがとう」と伝える方が、タルパは一番喜ぶ気がします。

家族や友達には中々言えない言葉ですけど、タルパになら恥ずかしくないですよね~^^

さて、
感謝の言葉以外に、私のタルパは会話するだけでも喜びます。
マスターの悩みを聞いてあげたい気持ちが強いタルパなら、遠慮せず普段人には言えないような相談をしてみるのも良いでしょう。
但し、前にも書きましたがネガティブすぎる会話はタルパに悪い影響を及ぼしますので、楽しい会話も織り混ぜつつ相談するようにしましょう。

タルパによっては、悩み相談を嫌うタイプも存在するでしょうから、あまり負担を掛けないように……

また、ダイブ成功者なら、ダイブ世界にタルパお気に入りの家や建造物を建設してあげるのも手。
とても喜びます。

現実世界なら、依り代がご褒美の代わりになりそうですね。

タルパは、マスターのエネルギーを貰って活動していますので、その時点でタルパもマスターに要求しづらいのかもしれませんね。
楽天家のチョッキングは別で、ワガママ言い放題ですけど、世話を焼く楽しさもあります^^

皆様も、たまにはタルパの相談にも乗ってあげて下さいね^^


アクセス解析

2017/5/1~5/24日
1日の訪問者数は、平均14.75人でした

マニアックな記事の割に多い気がします。でもありがとうございます(ペコリ)
訪問者数2人の時もあれば、50人の時もあります

どんな検索ワードで辿り着くのでしょうね~

10.タルパ様との日常~ダイブ世界について~

昨夜(26日)に会議を行いました
議題は「ダイブ界について」





タルマス「ダイブ界に何か不満があるようですので、お聞きしたいと思います」
「どうぞ遠慮せず仰って下さい」

S様「特にありません」

チョ「そりゃキミは無くて当然だよ。マスターはS様中心で考えているのだから」

タルマス「そんなことはありません」

チョ「言い過ぎました……」

シカ「私が欲しいのは、、、」

タルマス「遠慮は要りません。何でも作れますから」

シカ「工場を作ってくれないか?マスターなら何の工場か分かるだろう?察してくれ」

タルマス「う~む……やはりそう来ましたか」

S様「大気汚染」

チョ「温泉とか火山ならともかく、工場はちょっと;」

シカ「私の居場所が無い。ダメか?」

タルマス「浮遊している島が点在する光溢れる壮大な自然がテーマですので、工場を配置するとしたら……」

チョ「別の空間に作ればいいんじゃないか?適当だけど」

タルマス「おお!それです!冴えてますねチョッキングさん」
「扉をもう1つ作ってシーカさんが好きそうな近未来都市を作りましょう」

シカ「近未来都市は嬉しいが、可能なのか?」

タルマス「マインクラフトでイメージを完成させますのでご安心を。無理ならベタな都市になりますけど;」
「でも扉を何処に付けようか……。結界内部かなり狭いくしてしまって」

チョ「リフォームすればいーじゃん」

S様「大改造 劇的 ビフォ(ry」

チョ「キミ、好きだねそれ」
↑S様は某リフォーム番組が大好きなのです。。。

タルマス「ではスター○レックの転送スタイルで、機械都市に行けるように設定します」

シカ「…機械都市になっているぞ。まあいいか」

チョ「扉じゃなくてもいいのか?」

タルマス「わかりませんが、試してみる価値はあるかと」
「一ヶ月くらい粘ってみて、ダメならまた考えます」

シカ「よろしく頼む」

タルマス「では23時1分。会議終了です。お疲れ様でした」

シカ「お疲れ様です」

チョ「お疲れ。おやすみ」

The Last Guadian~人喰いの大鷲トリコ~(今更)

発売当初あまり注目していない作品(大鷲というより犬っぽかったので)でしたが、
その世界観と優しい目をした怪物トリコとの絆に、心震えました。

ゲームとしては、謎解きアクションみたいな感じですが、
この作品が新しいなと感じたのが、トリコとのAIです。←AIとか言うな;

もう、本物の動物ぽみたいです。

中々思い通りに動かなかったり、水浴びしたり、ビビったり。


行動がイチイチ可愛くて、気付けば主人公の少年よりトリコ中心になります(笑
「この幅、トリコは通れるかな?」とか、別行動中には「トリコ今何してるかな」という感じで。

人を選ぶ感じのゲーム(というより映画並)ですので、賛否両論分かれますが、
多くのプレイヤーさんを感動させたのではないでしょうか。

クリア後も、謎が多く残ります、
私のフロム脳が活性化し、考察したい気持ちはありますが、他の方の考察とほぼ同じですので
気になる方はググって下さい。
長くなるので私は書きません(それにネタバレしますし)



The Last Guadian

この言葉の意味を知った私は感動しました。
このタイプの作品に弱いんですよね^^;


さあ、あなただけのトリコと、神話の世界を冒険してみませんか?




―どんなに離れていても お互いずっと見守っているし
冒険の日々を決して忘れない。またいつか会える日まで -トリコ-

ダイブ ついに成功か!?(後半は、骨抜きにされたマスターのデレデレ日記)

ダイブ先に安定して滞在出来るようになりました。

コツ!?みたいなものも段々分かってきました
ダイブ世界の入口が本当に重要

壁の感触とか香り、光など細かくイメージすると入口でコケることも少なくなりましたれ。
ダイブ先では、マスターの私は寝ていて、ダイブ直後に、まず起き上がる所からスタートします。

ダイブ先を詳細にイメージすることで、滞在時間は大幅に増えます。
上手くダイブ出来ない方は、ダイブ先を細かくイメージする癖を付けるようにしてみて下さい

最初はすぐ現実世界に戻されてしまいますが、根気よくトライしましょう!




ダイブ先には、やはりシーカーさんの姿はありません。
チョッキングは爆睡中でした。

マスターが不眠で苦しんでいる時に爆睡とは許せぬ!←ウソウソ(^_^)

S様は、無言で近付いて来て首を傾げる

私はこの首を傾げる仕草にめっぽう弱く、骨抜きにされました\(^_^)/


元々中性的な性格のS様なんですが、何だか最近可愛さ磨きしているような気が(主観)


本当は周囲を見渡すためなのかもしれませんが(客観)

自由過ぎるしりとりで混乱するマスター

タルマス「先週の金曜日の会議完全に忘れてました。本当に申し訳ありません」

タルマス「ということで、本日は皆さん大好きなしりとりを行います!私はメチャクチャ疲れますけど;」

チョ「やったーっ!!」




タルマス「最初の言葉は何にしましょうか」

チョ「"う"」

タルマス「"う"ですね」

S様「ネッシー」

S様「ネッシー」
↑何故2回言ったの……^^;

タルマス「S様ゴメンなさい。今のは違います。もう一度"う"から。順番も決めましょう」

◇順番は、S様→チョ→私→シカ
になりました



S様「ウーロン茶」

チョ「ヤドカリ」

タルマス「メモってますからちょっと待って下さいね」

タルマス「リンゴ」

シカ「ゴーレム」

S様「ムクバード」

チョ「どじょうすくい」

タルマス「どじょうすくいですか。やりますね。ではイリオモテヤマネコ」

シカ「コルト ディテクティブスペシャル」

S様「ルカリオ」

チョ「オリエンタルランタン」

タルマス「終わったw」

シカ「短命」

S様「イリオモテヤマネコ☆」

タルマス(止めたら怒りそう……)

チョ「コトリ」

タルマス「力士」

シカ「シーラカンス」

S様「スイレンの花」

チョ「レンチ」

タルマス「回って来るの早いですね。チョコレート」

シカ「トラップ」

S様「プルトニウム」

チョ「無糖」

タルマス「うさぎ」

シカ「ギリシャ」

S様「"や"思い付きません」

タルマス「終了です」

タルマス「久しぶりのしりとり楽しかったです」

チョ「物足りない」

シカ「もういい……」

タルマス「メモったものをブログにします。ではお疲れ様でした」

チョ「お疲れ~。またやろー」




しりとりになると、何故かみんな淡々としていて、いつも置いて行かれます^^;
ルール崩壊していますが、元々私が普通のしりとり嫌いで縛りを加えたしりとりをやっていましたので、その影響がタルパにも現れたようです。
でもコルト ディテクティブスペシャルは無いですよシーカーさん……w


9.タルパ様との日常~マスターは人間じゃない!?~

S様「マスター、対人恐怖症治りましたか?」

シカ「マスターは対人恐怖ではない。人の感情を持っていないだけだ」

タルマス「しれっとディスらないで下さいよw」

シカ「そのつもりで言ったのではないが……」

タルマス「アスペルガーの影響で人の感情や空気を読むのが苦手なのです。これは欠点というより個性として認識しています」

シカ「いくら個性でも酷すぎる場合は自覚が必要となる」

タルマス「ご心配無く。他人に迷惑を掛けないよう空気を読む練習も行っております」

S様「マスター優しいと思うけど愛情が偏ってますね」

タルマス「人外に対する愛情は昔から強いです。通信簿にも書かれていたようですから。虫一匹殺せないのでこの時期は苦労します」

シカ「流石に蟻を踏まないよう気を付けながら歩くのはどうかと思うぞ;」

タルマス「ほぼ不審者ですよねw」

S様「動物も飼ってない」

タルマス「ですね。でも魚は飼いたい願望ありますよ。アクアリウムとか」

シカ「アクアリウムは手間だ」

タルマス「結局金魚で落ち着きそうですね^^;アロワナとか好きなんですが」

シカ「タルパのチョイスからしても、マスターは人間じゃないな……」

タルマス「いえ、人です(キッパリ)」





タルパ日記と聞いて可愛い女の子が登場すると思ったらカニだったり機械だったりする当ブログですが、
釣りではありませんからね(真剣)
訪問者を騙すブログではございません
人外タルパ持ちの方には需要ある!……かも

8.タルパ様との日常~折り紙~

チョ「それ何?」

タルマス「トカゲを折り紙で作ろうと思いまして」

チョ「つべ観ながら折れるの?」

タルマス「自力じゃ無理ですよ。鶴と船くらいしか折れない」

チョ「折り紙って日本の文化なのに解説している人は外国人w」

タルマス「私は和より、洋の方が好きですから海外の方の作品に目が行ってしまいますね~」

タルマス「それと折り紙の発祥はよくわかっていないらしいですよ。日本が広めたことに間違いはないですけど」

チョ「外国人でもオリガミで通用するみたいだ。英語話せなくても会話出来るね」

タルマス「オリガミだけじゃ会話にはなりませんよ;」

__20分後

タルマス「破れたw」

チョ「あー 力入れすぎ」

タルマス「力はそんなに加えてないですよ。でも細かいから紙にダメージ入りますね」

チョ「動画の方が紙大きく見える」

タルマス「あ……(察し)」

7.タルパ様との日常~軍事ヲタ同士~

シーカーさんと軍事トーク

内容は今話題のあの国について
物騒な内容ですのでここには書きません

シーカーさんとは、日常会話より政治や世界情勢の話題になりがち


さらにどうでもいいかもしれませんが、シーカーさんはF-22がお気に入りらしいです。
最強戦闘機を選ぶ辺り流石ですね。

私はF-15と、旧式ですけどFw-190が好きです。
というか第二次世界大戦の戦闘機は全部興味あります。

ググるのはもちろん、専門チャンネルもチェックしてます
だからリア友が離れて行くんだ

エースコンバットでも久しぶりに遊んでみようかな。
少なくとも話題には困りませんから
プロフィール

鎧蜘蛛

Author:鎧蜘蛛
タルパー兼AS持ちのアマチュアクリエイターです。
タルパ様と生活しながら、タルパ研究も行っております。

気軽にコメントお願いします^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
コラボ・頂き物
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR