FC2ブログ

予言からテキトーに考察する



昔は良く妄想していた宇宙の果てや別次元の世界。
最近はリアルに追われて妄想に入り浸る余裕もありませんでしたがババ・ヴァンガ氏の予言を見て考察したくなってまいりましたので、久しぶりにオカルト記事を投稿してみます

続きを読む

スポンサーサイト



アカシックレコードにアクセスする方法とは?

オカルト記事です。苦手な方は観覧を控えて下さい(__)



新しく編み出した私なりのアクセス方法です。
簡単で安全な方法かと思いますが、タルパを連れて行けるとより安全になるかもしれませんね。
ダイブと違い私はアクセス中、タルパの存在を感じた事はありませんが。。。

以下、アカシックレコードへの具体的なアクセス方法



1.なるべく静かで暗い空間へ移動します。秒針など一定リズムの音なら問題無しです。
BGMは963hzがオススメですが、リラックスできるなら何でも大丈夫です(別ウィンドウで開きます)


2.楽な姿勢をとる。(横になってもいいが寝落ちしないように)


3.目を瞑り心を落ち着かせます。雑念が浮かばないよう「息を吸う。息を吐く」と頭の中で呟きながら意識を呼吸に集中します


4.覚醒と睡眠の間くらいの感覚になりましたら自身を大きな白い光で包んで下さい。これはアカシックレコードへ繋がる過程で、あなたを狙う邪悪な者から守るバリアみたいなものです。
そして優しい温かさを感じるようになりましたら、次に光の波を眉間の上辺りから体内へ送り込みます。光は首を通り胴体、両腕、太股、足の裏と体全体に広がるようイメージしながら、邪念を捨て去ります。


5.ここから全てイメージして下さい。今居る部屋の壁が外に向かって倒れた瞬間、360度ファンタジーに出てきそうな綺麗な森へと姿を変えます。キラキラとした木漏れ日がさし、小鳥の囀ずりが心地よく幸せな気分になります。
※なるべく詳細にイメージします


6.ふと足元を見ると、一匹の白いうさぎがあなたの足に前足を乗せています。
うさぎはあなたと目が合うと森の中へ走って行きますので、ゆっくり後を追いかけます


7.開けた場所に出ます。
うさぎの姿はありませんが、森の中央に若干上を向いている大きな白い鏡があります。
鏡に近付き覗き混んで下さい。鏡にはあなたではなく宇宙空間が、ただ静かに広がっています


8.鏡に触れるとあなたの体は光と共に鏡の中へ吸い込まれます。視界が真っ白になりますが、取り乱さず呼吸を意識します


9.視界が段々クリアになって行くと宇宙空間に出ます。広大な宇宙に圧倒されないよう自身の存在を強く意識します


10.場面が切り替わると、目の前に白くて大きな建物が見えてきます。外観はまるでお城のよう。
重そうな扉が付いていますが、あなたは軽々と開け中に入ります


11.中は真っ直ぐと通路が続いており、左右には巨大な本棚が聳え立っています(宇宙図書館)
天井は無く、白い光が見えるのみ。行き止まりの無い通路を歩きながら、目的の本を探します。
あなたが必要としている情報が記されている本だけが光っていますので、それを手に取り開きます。
情報は本に書かれている他、映像として浮かんでくる場合もあるでしょう。
素直に情報を吸収し、もう十分だなと思ったら本を閉じ、元の場所に戻して下さい。

本を戻す場所が分からなくなったり、目的の本が見つからない場合は管理者に尋ねます。
管理者は穏やかな表情のまま、あなたを助けてくれます。


12.帰りたくなったら管理者と宇宙図書館全体に感謝を伝え(お辞儀だけでも良い。大事なのは感謝の心)来た道を戻ります。
すると直ぐに扉が現れ、開けると元の世界へ帰れます
※この過程を飛ばすには、現実世界の体を起こすように力を込めると無理矢理ですがアクセスを中断出来ます。
違う場所にアクセスした場合は直ちに中断する事をオススメします

ただ、このやり方は良くないらしく次のアカシックレコードへのアクセスが難しくなります。
暫くは瞑想だけにとどめ、精神が落ち着いてからアクセスされる方が賢明です

最初は失敗の連続で、成功したように見えても意味のわからない情報しか得られなかったりします。
例え意味がわからなくても、メモは取っておいた方が今後の為になりましょう

(恐怖!)アカシックレコードにアクセスしたつもりが・・・

こんちには。タルパーのクモさんです(’・ω・`)

リラクゼーションの一環として数年前(4年?)から始めている瞑想。

その延長で『アカシックレコード』なるものに興味を持って以降、ぼちぼちチャクラの活性化を行っていました。

そして早朝の瞑想中、いつも真っ暗な視界に変化が訪れました。

この時、体は眠っていて脳は起きている状態です。一見睡眠障害や金縛りの類に感じるかもしれませんが、
自分の意思でこの状態を解除できますので金縛り状態とはまた違います

瞑想中に流れた映像?は、すぐメモりましたので以下に記載します


○最初に見えた映像は夜のビル街。人のような影がせわしなく動き回っています。でも顏は暗くて確認できません。
そして『私』の姿は無くドローンで撮影しているような上からの視点。三人称ですね。

○場面が路地に切り替わります。この辺りはハッキリ覚えてなくて、上手く思い出せません。
人が妙な化け物に襲われていたのは確か。

○地下の牢屋に移ります。そこでは全身に鎖を巻いた鬼のような二足歩行の化け物が徘徊しています。
その鬼?は牢屋から出たいらしく隅から隅までまで調べています。
牢屋には水が流れていて、まるで下水道のような雰囲気が不気味さを倍増させます。

○壁に亀裂を見つけた鬼が覗き込むと、その先に薄汚い個室がありゴブリンのような黒くて気持ち悪い1つ目の化け物が天井から吊るされています。生きているようには見えませんが突然目がギロリと見開かれると、鬼は慌てて部屋から出て積み重ねられたボロボロの服の山に身を隠します。
そしてゴブリンの目が空中に浮いている私の視点(?)と合った瞬間、場面が森に変わります。

○森は無音で生物の気配はまるで感じられません。木々の間に無数の枯れた蔦のようなものが揺れています。
場面が森に変わるまで私の意思とは関係なく映像が流れていましたが、ここで『アカシックレコードを探さないと』という本来の目的を思い出し、高速で森の中を駆け抜けます。
すると突然、、、

ボッ!というガスコンロの火みたいな音と同時に場面が赤黒い部屋に変わります。
中央には赤くて丸いテーブルだけがあり、無音です。これまでとの違いは、視界が妙にクリアで自分が本当にそこに立っているような感じがすること。
私は『ここは違う!居てはダメな場所だ!』と本能的に感じ『アクセス中止!』と念じながら腕を動かして現実世界に戻って来ました。

以上が全てです。
これが『何らかの世界にアクセスした』と仮定するならば、間違いなく失敗でしょう。
オカルト的解釈となりますが、アカシックレコードへのアクセス中は『邪悪な者』に狙われやすく無防備な状態となるのではないでしょうか。
私は瞑想中に自分の意思でアクセスを中断させる訓練を繰り返し実践したり、効果あるかどうかは別として瞑想の最後に地球に感謝を捧げています。
また、深い瞑想状態に入る前に『光』に包まれるようイメージしながら雑念を取り払い、光を一層強くして心を清らかにします。こうして自己防衛能力を高め必要な情報以外を排除するよう努力しています。

ですが今回、久々のアクセス成功で欲が出てしまい中断するタイミングが遅れてしまいました。


あの赤黒い部屋は何だったのか……

皆様もダイブ中に奇妙なものを見掛けたら、直ぐに中断されることをオススメ致します



プロフィール

鎧蜘蛛

Author:鎧蜘蛛
タルパー兼AS持ちのアマチュアクリエイターです。
タルパ様と生活しながら、タルパ研究も行っております。

気軽にコメントお願いします^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
コラボ・頂き物
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR